FC2ブログ

和室

犠牲祭のマンサフ(ヨルダン料理)とお正月のお雑煮(日本料理)

もういくつ寝ると お正月~
お正月といえば、お雑煮。
みなさんの地域では、どんなお雑煮を食べますか?

以下は、神奈川県相模原市のお雑煮を初めて食べたときの感想です。
「餅の形は、丸じゃなくて四角!焼いたおもち?
 昆布だしのすまし汁・・・これが、お雑煮なの?」
私が小さい頃、岡山で食べてきたお雑煮と、
神奈川県でいただいたお雑煮は、形も味も調理法も異なります。

その後2009年、開発教育の研究をされている方から、
「全国の家庭雑煮アンケートに協力してほしい」という依頼があり、
お雑煮のエピソードや具材の意味を、祖父母から聴きました。
繧ケ繝ゥ繧、繝・_convert_20121227185127


















お雑煮にまつわるエピソード(提出情報から)
「祖父母の家は岡山県の県北、新見市にあります。
中国山地の麓に位置していて、市内を離れると、
藁ぶき屋根の家が残っていたりします。

90年くらい前から、この味付けが伝わっているようです。
60年くらい前は、その地域に海苔を売りに来る
行商のおばあさんが、祖父母の家に泊まっていたようです。
その海苔は貴重で高いという話でした。

30年から20年前、私が小さい頃、祖父母の家で親戚があつまって、
正月の元旦に、このお雑煮を食べて新しい年の一年を迎えました。
県北で山の中、海の幸たっぷりのお雑煮というのは、
ちょっと不思議かもしれませんが、
私にとって、これがなくては、新しい一年間が始まりません。」
繧ケ繝ゥ繧、繝・_convert_20121227185113

神奈川のすまし汁、焼いた角もちお雑煮に驚いた私。
その後、もっとカルチャーショックを受けた町は、
岡山市から瀬戸大橋を超え、車で一時間の香川県高松市。
香川のお雑煮は、あんこの入った丸餅に、味は白みそ仕立てでした。

私のお雑煮は、岡山のブリでだしをとった丸もちのお雑煮。
香川のあん入りもちや、神奈川の焼いた角もちは、
「お正月が来た!」という感じはしません。
この感覚は、美味しいとかマズいという話ではないのかも。

子供時代のお正月の思い出や祖父母や親せきの愛が
ブリの出し汁と丸いおもちにつまっている。
「お正月がきた!」と、DNAにしみ込んでいる感じです。

じゃぁ、香川のあん入りお雑煮や、神奈川の焼いた角もちが
ダメかといったら、そうではないのです。
だって、他県の人にとっても、私の雑煮に対する思いと同じくらい、
その土地や家庭に根差したお雑煮を愛しているのですから。

そういうわけで、全国各地のお雑煮は、
「違い」はあるけど、「ダメ」じゃない。
どこの地域のお雑煮も違いがあり、それぞれ美味しくNO1。

お雑煮といえば、ヨルダンのマンサフ。
マンサフは、ジャミードという固形ヨーグルトで羊肉を煮込み、
その煮込み汁で米を焚き、炊き上がった米の上に煮込んだ
羊肉をのせるヨルダンのおもてなし料理です。
結婚式や、祝い事などでも良く食べられます。
マンサフにも、お雑煮のように、
「私の町の、私の手料理が一番」という熱い思いがあります。

繧ケ繝ゥ繧、繝・_convert_20121227185141

以前、北部の町マフラックでマンサフをいただいた時、
「マンサフって、カラク(南部都市)が一番おいしいんでしょう?」
なんてコメントしたもんだから、いやぁ、もう大変・・・。

そんな、ヨルダンの自慢料理マンサフですが、
初めて食べる日本人にとっては、
「ごはんにヨーグルト?なんじゃそりゃ?」の世界です。

繧ケ繝ゥ繧、繝・_convert_20121227185157

ヨルダン人の家庭で作られた、自慢のおもてなし料理こそ世界一。
中でも、「うち」のマンサフが一番。

私にとって、祖母や母が作るおせち料理やお雑煮がNO1。
日本料理が世界一。

ヨルダンのマンサフがダメかといったら、そうではない。
ヨルダンのマンサフに対する愛と誇りを知っているからこそ、
ヨルダンのマンサフも最高!アラブ料理も素晴らしい!

帰国後、日本のTVで中国や韓国のことを
あれこれと批判する報道が多く、正直まいってしまいました。
もし、自分の故郷、自分自身に自信があったら、
もし、自分の育った場所や食べ物に思いがあるのなら、
もし、自分の国に生きる人たちのことを、信頼していたら、
近所や他人のことを、ケチョンケチョンに叩かないと思うのですが。

IMG_0041_convert_20121227185237.jpg私は、日本料理が大好き。
その土地に根差す食文化に
誇りがある、
代々受け継がれてきた文化・
風習も大切にしたい。




だから、
他国や他地域の人たちの思いもよくわかる。
日本料理と同じように、ヨルダン料理は素晴らしい。
中華や韓国料理、アフリカの料理も尊重したい。

岡山新見のお雑煮と同じように、
香川や神奈川のお雑煮も、家庭の愛がつまっている。

そういう感覚を、これからも大切にしていきたい。

さぁ、もういくつ寝ると、お正月。
今年も、お世話になりました。
皆さま、よいお年を。

「食」に関する関連時期

「犠牲祭がやってきた」2011年11月6日記事

「羊さまのお通りだ」2012年7月1日記事

「ヨルダンでウサギを食す」2012年9月11日記事

「干し柿となつめやし」2011年12月5日

「所変われば味覚も変わる」ウガンダの食事

今回の記事は、岡山大学教育学部で行われた
免許状更新制の講義を聴きながら、思い出した内容です。
岡山大学の先生方、お疲れさまでした。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


0 TrackBacks
4 Comments

所変われば 味覚も変わる

2008年8月 ウガンダ
繧ケ繝ゥ繧、繝・5_convert_20120704043202繧ケ繝ゥ繧、繝・7_convert_20120704043241

今回は、アフリカ大陸のウガンダで出会った
美味しい食べ物を紹介します。
繧ケ繝ゥ繧、繝・3_convert_20120704043419ウガンダの主食といえばマトケです。
ウガンダでは基本中の基本

日本人にとっての米のようなもの。

これ、何だか分かりますか?

繧ケ繝ゥ繧、繝・4_convert_20120704043449正解は、
バナナ

ウガンダでは、バナナを蒸し煮にしたものを主食として食べます。
マッシュされたり、ゴロンと出てきたり。
味はジャガイモみたい。

日本は、ご飯が主食、その他は副食。
野菜、お肉、漬物、デザートなどいろんな種類の食べ物が
バランス良く出てきます。
繧ケ繝ゥ繧、繝・5_convert_20120704043519ウガンダは主食の種類が多いです。
マトケとジャガイモとトウモロコシ粉の団子

日本でいうと、ごはん+うどん+団子・・

ウガンダの主食はマトケだけではありません。

ウガンダではポショという食べ物です。
ジンバブエのサザ。ケニアのウガリ。
トウモロコシの粉を練って蒸した食べ物なんです。
ホカホカ熱いうちに食べると美味。

今、私がヨルダン料理が大好きなように、
同期ウガンダ隊員も、
マトケ(青いバナナ)やポショ(トウモロコシの粉団子)
毎日もりもり食べているんだろうなぁ。

日本食が大好きな私は、ヨルダンに来る前、米やお茶がないか心配でした。
でも、今となってはヨルダンのパンや新鮮なモロヘイヤスープ、
そして、ピラフに無糖ヨーグルト。すっかりアラビー化。
だって、すし屋さんや日本料理店を探すより、
その国で食べられている食べ物、ヨルダン人の手料理が一番
所変われば 味覚も変わるもんです

こちらは、ドリアン。フルーツの王様です。
蜥悟ョ、縲?譫懃黄縺ョ邇区ァ倥??繝峨Μ繧「繝ウ縲?豸医☆縲?_convert_20120704044027
新鮮なドリアンは、意外と臭みもなく美味しい。
ヨルダンにドリアンはありません。
これもまた、ウガンダで食べるから美味しいのであって、
ヨルダンのアンマンや日本の東京でドリアンを食べても
いまいちなんだろうなぁ。

日本に置き換えると、
東京の百貨店デパートでやってる九州物産展のお酒より、
鹿児島市天文館あたりで、鹿児島弁を聞きながら
いも焼酎を飲むほうが、
その地の食と空気がマッチして
美味しく感じられる・
・・という感じかしら。

繧ヲ繧ャ繝ウ繝?縲?螂ウ縺ョ蟄舌◆縺。縺ィ縲?豸医☆_convert_20120704044619


0 TrackBacks
4 Comments

羊さまのお通りだ!!

ヨルダンでよく食べられる肉のお話し。

豚は宗教上食べられません。
内陸の国だから、魚介類を食べることもめったにありません。
牛肉も食べるけど、いまいち。

では、何の肉が美味しいかといえば、
「羊」です。
ヨルダンでは、羊は、どこでも手に入り、
新鮮。だから、とっても美味しい。

今回は、ヨルダンに生きる羊を紹介します。

高速道路にかかる歩道橋に
20頭あまりの羊が
整列して歩いているところを見ました。
ビュンビュンと走る車を下に、群れをなす羊たち。

ここは、友人宅の住宅街。
「そこのけ、羊さまのお通りだ!!」という感じ。
R1068542_convert_20120701005756.jpg


うちの近くにも牧草地がありました。
メーメー ムシャムシャ・・・・。
1か月に一度、2日間くらい
羊グループが登場し、ムシャムシャと一心不乱に雑草を食べる光景は
圧巻です。
私が近付いても、「誰、あんた!?」という感じで、完全無視。

でも、近所の牧草地に、建物が建設されることになり、
羊たちの御馳走も、おあずけになってしまいました。
R1068544_convert_20120701005855.jpg

伝統的な習慣、日々の暮らしといった遊牧民の生活ルールは、
季節や放牧地の状態に合わせた移動にそって営まれてきたのでしょう。
羊さんたちは、彼らにとっての生活の糧です。

でも、牧草地が少なくなることで、
高速道路の歩道橋を歩いたり、住宅街をさまよって
牧草を探し求めています。

ヨルダンの近代化・都会化は、
遊牧民や羊たちにとっては、いい迷惑なのかもしれませんね。

R1068554_convert_20120701010029.jpg


0 TrackBacks
5 Comments

干し柿とナツメヤシ

DSCF6688_convert_20111205034832.jpg
日本の秋 岡山の紅葉
(2011.12.2
 母の撮影)

世界中、所変わっても
食欲の秋

DSCF6623_convert_20111205034726.jpg
瀬戸田のミカンに引き続き、美味しいお話

岡山県新見市の干し柿、

ヨルダンアンマンの
美味しいタマル




祖父母の家には、秋から冬にかけて、たくさんの柿がなり、
干し柿が たわわに 吊るされていました。

岡山県新見市、のどかな田舎を思い出す、秋のおやつ
外はしっかり 自然のお砂糖の白で ふんわりお化粧
中はとろとろ やわらかな 蜜がつまっている
蟷イ縺玲涸_convert_20111205034259・貞ケイ縺玲涸縲?_convert_20111205034328

岡山県新見市のおばあちゃんの味
就職して関東に住むようになってからも、懐かしく思い出し
1個100円近くという高値にも関わらず、買っていました。

さて、
自然が生み出した 贅沢な秋のおやつ、干し柿に匹敵するほどの
おいしいドライフルーツが
中東全域、ヨルダンにもあります。

054_convert_20111205034940.jpg
ここが専門店の入り口。

何だと思いますか?

灼熱の太陽 アラビアのロレンス、
砂漠ときたら・・・




ナツメヤシ!
中東のイメージにピッタリです。
ナツメヤシの実は、英語でデ―ツ。アラビア語ではタマルといいます。

ナツメヤシの実は、コーランには「神の与えた食物」と記されていて、
紀元前数千年も前から 灼熱の地域で暮らす人々の健康を支えてきました。
今はサウジアラビアを始め、中近東から世界中に輸出されています。

日本では、あまり知られていませんが、
おたふくソースの原料に含まれているそうです。
縺翫◆縺オ縺上た繝シ繧ケ_convert_20111205034359007_convert_20111205035012.jpg








家の近所にある、ナツメヤシの実専門店には、
いろいろな種類のナツメヤシの実が、売られています。

一つだけ食べても、わかりませんが、それぞれの実を味見させてもらうと、
生産地や品質の違いによって、こんなにも味の幅(甘さ、堅さ)があるのかぁ~
と、感心させられました。

026_convert_20111205035052.jpgヨルダン人のように 
私の日常に欠かせない食べ物 

おばあちゃんちの
新見の干し柿と同じく 

ヨルダンで過ごす 
私のエネルギー源の一つです。



1 TrackBacks
6 Comments

犠牲祭がやってきた

2011年11月6~10日の4日間、待ちに待った
犠牲祭(イード・アル・アドハー)がやってきました。

近所の駐車場に、羊専用マーケットが立てられ
「おいしい羊だよ、破格の○○ディナール!」と、羊のバーゲンが始まっています。

大きなお祭りといえば、日本ではお正月。
一方、イスラム圏の人々にとっては 犠牲祭がまさに「お正月」です。

R0012100_convert_20111106071814.jpgR0012093_convert_20111106071135.jpg
犠牲祭は、羊などの動物を生贄にします。
およそ三千年前、預言者イブラヒムの故事に因んだものだそうです。

犠牲祭の一週間前くらいから、気もそぞろ。
生徒も同僚も、ちっとも勉強や仕事に身が入っていません。
断食をして精神を整えたり、
犠牲祭休暇を、家族みんなでどうすごすかを計画立てたり・・・。

今日、11月5日、犠牲祭前日。
羊マーケットに集まった 人と羊の群れ
「今年のイードも楽しく過ごすぞ!」と、騒ぎにうかれる人間達
「もはや、これまで・・・。」と自分の運命を察知している羊たち
R0012099_convert_20111106071211.jpgR0012096_convert_20111106071258.jpgこの羊は10000円くらい。
羊の値段は犠牲祭当日の
1ヶ月前あたりから、
上昇していくそうです。

羊は生きたまま家に持ち帰り、犠牲祭中に解体されます。

ヨルダン人のお父さんは、動物を解体ができてなんぼ。
恐れ入ります。
R0012098_convert_20111106071053.jpg
解体された肉は,
小分けにされて袋詰して、
貧しい人々や近所の人に配られます。


世界中のイスラム教徒にとって、
今年のイードも
素晴らしく 美しい日でありますように。


0 TrackBacks
2 Comments