和室

これ以上 迷惑をかけるな!

ブッシュ政権は2003年3月、「大量破壊兵器」を理由に
イラクとの戦争を開始。当時の小泉首相はまっさきに支持をしました。

忘れちゃってるかもしれませんが、
イラク戦争は終わってないですよー。

イラク国内の混乱を逃れて、近隣諸国で生きているイラク難民の数は
すでに400万人近くになるんじゃないかとか、
イラク人口全体の8分の1ぐらいとか。

イラク難民を調査しているイラク人友達の話では、
難民数の急増によりヨルダン国内の教育・医療システムが圧迫され始め、
ヨルダン政府によるイラク難民に対する待遇は
どんどん厳しくなっているということでした。

アンマンは今、日本と同じくらい寒いのだけど、
就労機会もなく、充分な支援が受けられないイラク難民は、
お金も尽きてきているので、自分の服を売って小銭を確保しています。

ヨルダンに未来がなく、受け入れる国もなく、イラクも混乱していて帰れない。
八方ふさがりで精神的に病んでいるイラク人もたくさんいるんです。

お忘れなく。

今のイラク難民を生み出したのは、
当時の政府を支持していた日本国民の責任でもあります。

あれだけ大規模攻撃を加えてきたのに、戦争じゃないとか通用しませんからね。

これ以上、中東に迷惑をかけるな!といいたい。

発電所建築反対デモの様子 ヨルダン  7月記事
nuclear-jordan_convert_20111214062332.jpg
Protesters in Jordan are campaigning against the country’s plans to build a nuclear reactor which they state carries more risks than positive impacts

原発反対派の声は、ヨルダンでもあがっています。

021_convert_20111214062409.jpg以前建築予定地にあがっていた 
海沿いの町 アカバの夕暮れ 
対岸はイスラエル

どういういきさつかわからないけれど、アカバは 一安心。



052_convert_20111214062636.jpgこちらはアンマンからすぐ郊外 
ザルカ。


日本で考えると、東京都心からすぐの
町田市に大きな原発を作るという感じでしょうかね。


「Jordan recently announced that it is forging ahead with plans to build its first nuclear power plant despite local resistance and regional instability.」

ヨルダンは中東の命綱です。近隣諸国が不安定な中、
ヨルダンに生きる人たちが怒りを表明しても、声は届かない。
売るほうも売るほうだけど、買うほうも 買うほう。
日本もヨルダンも どっちもどっちだ。

なんで原発が必要なのかって?調べたところによると、 
ヨルダンにはウランが眠っていて。これを掘り起こすことだそうです。
ヨルダンにとってはいいビジネス。
ヨルダンは核兵器を作らなさそうだけど、核保有国にウランを売るチャンスです。
以前フランスはイスラエルに原発を売り、
イスラエルは核兵器を作るに至ってるそうで。
原発で平和利用なんて建前で、いつでも核兵器を作れるようにしておく。
原発の売買には、そういう戦略もあるそうです。

先週12月9日、
参議院でヨルダン、ベトナム、ロシア、韓国と結んだ原子力協定が
国会で承認されたようですね。
悪夢が現実へ。これによって、来月1月から原発輸出が可能になったのです。

政府は、国内での原発の新設はしない、脱原発する、と言っています。
原発は危険だと分かったのでしょう。 すごい神経です。

こちらもお忘れなく。イラク戦争の補償と同様、
これから日本産の原発事故が起こったら、
今の政府を支持している日本国民の責任になりますからね。

建築予定地 ザルカはアンマンからすぐ近く。
051_convert_20111214062605.jpg市内の勤務校から、30分以内で着くんで、放課後よく行きます。
イラク難民のコミュニティーもあるんです。

この日は、元気いっぱいサッカーをする男の子たちと、
久しぶりに会っていました。

アンマンの人口は120万人。原発が事故を起したらヨルダンは一瞬でアウト。
この変わらない風景も、一発で終わりです。
これだけ福島で困り、反対の声があって、
ずいぶん日本も賢くなったはずなのに。

日本はこれ以上中東に迷惑をかけてはいけない
今だって、ヨルダンに生きるイラク難民の現状は厳しい。
そして、イラクを滅茶苦茶にした責任を、まだとっていない。

反省をしていない。
反省するどころか、金儲けのためなら、
危険とわかっていても、なんとかなだめすかし
原発ビジネスを繰り広げる。

「Why are we in Jordan running towards nuclear without dialogue」
ヨルダン国民と政府、対話なしでの 原発ビジネススタート

高校1年生は現代社会で調べ学習をしています。
006_convert_20111214062525.jpg生徒が、今のアジアを風刺した漫画をくれました。
日本のイメージをアラブ人が描いています。
アジアの過去と今。左はテクノロジーにまみれた日本人
世界を踏み台にして、何をやりたいの!?

今の日本、中東にとって非常に迷惑。
とりあえず、
ヨルダンに原発は要りませんから

反原発

0 TrackBacks
9 Comments

Comment

ほんとみんな忘れてる・・

この前、イラクの難民の医療支援している方からお話を聞きました。
劣化ウラン弾による小児ガンなどの治療の支援だそうです。
イラク戦争を支持したことなんて、
普通の人は微塵もおぼえてません。
そのうえ、あの人たちは怒りっぽいから
戦争してるなんて酷いことをいう人も
多いのが現状です。

日本も原発事故であんなに核汚染物質がうんぬんってもめてるのに、劣化ウラン弾の問題や原発が世界に広がってる問題なんて知らないどころか興味がないんですよね。。
そう考えると不思議です。特に劣化ウラン弾なんて・・アメリカの情報うのみにして、あれ、安全なんでしょとか平気言う人も多いです。だったら、福島の核汚染物質をあなたの家の下にうめていいんですねーとか言いたいです。低容量被爆でも被爆は被爆ですからね。
近々、漫画にこの問題をとりあげたいなーと最近思ってます。
自分の国さえ原発なければいいとかそういう問題じゃあないと思うんですよね。

ちなみに日本は残念ながらまだ、ちゃんと脱原発にも向かえてないところもあります。
たとえ、電気代があがっても私は原発はいらないです。

ヨルダンも大変なんですね・・特に、今、一番イラク難民が多かったシリアも政情不安定なので、ヨルダンに逃げる難民もふえたでしょう。。ちょっと話が横道それてすみません^^;

長々と失礼しました。
2011/12/15(Thu) 00:21:23 | URL | マナル [ Edit]

社会の現状をみつめ 

マナルさん
どうもコメントありがとうございました


ご指摘の通り、シリアの混乱を逃れてヨルダンに流れ着いた二重難民?とでもいいましょうかイラク難民がいます。

先月、イラク人友達から聞いた話だと、
「ヨルダンにイラク人の生きる道はない。
まだイラクに戻った方がましだ。どうしてヨルダンに来たのか?」と
シリアからの難民について、嘆いていました。

もうヨルダンは容量オーバーです。

ヨルダン国内の問題もあるので、イラク難民はいつまでたってもヨルダンでは外国人。やっかいものです。


原発問題の件についてもありがとうございます。
福島の汚染物、東京にもってきましょーか?!というのは、いけてますね。

沖縄の米軍基地、そんなに基地が必要なら、霞が関に作ればいいじゃんといってた知り合いがいました。


私は専門が美術ですが、こういった形で、社会の問題に関わることを取り上げて、文章や絵、音楽で表現していきたいと思っています。

日本の漫画は世界に誇るアートですからね。

マナルさんの活躍も応援していますね。

ではでは


アラビア語では
カリーマさん



2011/12/15(Thu) 01:26:12 | URL | [ Edit]

こんにちは。kaneです。
ブログのお知らせありがとうございます。

和さんのブログ読んでて、今年の長崎市長の平和宣言思い出しました:

「福島の原発事故が起きるまで、多くの人たちが原子力発電所の安全神話をいつのまにか信じていました。 世界に2万発以上ある核兵器はどうでしょうか。 ・・・ 1か所の原発の事故による放射線が社会にこれほど大きな混乱をひきおこしている今、核兵器で人びとを攻撃することが、いかに非人道的なことか、私たちははっきりと理解できるはずです。 」


「核」は「核」であって、平和利用なんて言葉のまやかしですよね。そのことをよく知っているのは被爆国である日本人のはずなのに・・・・イラク戦争での劣化ウラン弾。


いま、イランへの経済制裁としてイランの中央銀行を孤立させるというニュースが流れていますが、詳しいことは分かりませんが、こういう手荒い制裁では結局苦しむのは民間人だと思いますが・・・・おっしゃるとおり、私たちも一連のことに加担しているんですよね。


きょう、NHKでヨルダンへの原発輸出のニュースが流れていました。デモの模様と反対派の方への簡単なインタビュー映像でした。


日本にいると、中東のことを忘れがちですが、和さんのブログのおかげで視野が広がります。今後とも、ブログ見させていただきます。

kane
2011/12/16(Fri) 14:37:27 | URL | kane [ Edit]

ブログ拝見いたしました。本当に日本政府は経済成長のことばかりしか考えていない。
日本の中にも核兵器を持つべきだという論陣はいて、核兵器は持たずとも、いつでも兵器を作れるぞという技術が抑止力になるという考え方。ヨルダンもそういうの考えているんでしょうね。また、デモの情報など教えてください。
2011/12/20(Tue) 10:04:42 | URL | 局長 [ Edit]

戦後66年

戦争を知らない子どもたちと云っていたのが、もう66歳のばっちゃんになりました。昭和20年代に生まれた子どもたちは、お金や物は無くとも、生き生きと働く大人たちの背中に安心し、右肩上がりの日本経済に支えられ、何よりも憲法に守られて育ちました。そして、社会に出ていっぱしの口をきくようになると、「戦前の大人たちは何故あのばかばかしい戦争に反対しなかったのか!」と批判しました。ところがふと世の中を見回してみると社会の閉塞感や独裁者の出現など戦前の状況に似ている事に目がいきます。そして批判されました。「広島、長崎、第五福竜丸と三度も原水爆の被害をを受けながら、何故原発を進めたのか!」と。ばっちゃんは、日々頭を垂れ、憲法9条の会があればでかけ、脱原発の話に耳を傾けています。
2011/12/20(Tue) 11:20:10 | URL | 月の砂漠 [ Edit]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011/12/20(Tue) 18:00:26 | | [ Edit]

ヨルダン人もびっくり

局長様

コメントありがとうございました。

6月12日に、こんなことを書いています。
「非現実な夢想家」
http://kazitabonita.blog133.fc2.com/blog-entry-49.html
村上さんのスピーチより
「われわれは持てる叡智(えいち)を結集し、
    社会資本を注ぎ込み、
       原発に代わる有効なエネルギー開発を
            国家レベルで追求すべきだった」
あの時期は、アカバ建設の話が頓挫していたんですがね。。
アカバは福井という感じでしょうか・・・。
建築予定地のザルカは、埼玉や神奈川ですよ。
ヨルダン人もびっくりです。

原発については、私もこれからヨルダンでの動きをウォッチしていきますので、
不定期にブログに書きます。

2011/12/21(Wed) 06:12:35 | URL | [ Edit]

静岡から

ヨルダンでの反原発の行動を起こすのって大変なんでしょうね?警察の人に捕まったりしないのかな?
2012/01/26(Thu) 11:01:43 | URL | STOP!浜岡原発、戸倉 [ Edit]

ヨルダンの今 

戸倉さん

浜松での反原発活動、応援しています。
ヨルダンでも、反原発の運動はあり、小さいながら話題になっているのですが、原発推進派が多いのか、また反原発は、エネルギー問題の足をひっぱる邪魔ものと考えられてるからか、とにかく、ヨルダン国民の怒りの声は遠く、今、継続的に反原発のデモがおこっているという感じはありません。


ヨルダンの今(2012年 1月)は、反原発の考えを持ったり意思を表明したりということは、とても珍しいというのが、今の現状だと思います。
ヨルダン人にとって、他にもたくさん問題はあります。
物価高騰や低賃金、高失業に対するデモを、最近、1月中旬ダウンタウンでみかけましたが。
原発問題は国民にとって優先順位が低いのでしょうか・・・。
それともどこかで誰かが封じ込めているのでしょうか。

大きな反政府デモが話題になった時期もありましたが、中東のイメージとは全然違って、平和的なデモでした。

原発については、ヨルダンにいるアラブ人友達にきいても、なんだかいまいちみえてこないのです。
う~ん・・。というわけで、
日本がやっと動き始めたという今、
浜松をはじめ、日本の頑張りに期待をしています。

2012/01/26(Thu) 11:40:32 | URL | [ Edit]
管理者にだけ表示

Trackback

トラックバックURLはこちら
http://kazitabonita.blog133.fc2.com/tb.php/82-d71e8df5