和室

アフリカ大陸における中国進出

ナイジェリアやスーダンなどで、中国企業による油田開発
南アで安価な衣料品や日用雑貨を商う卸売・小売業
経済発展の中、中国はその活動の場をアフリカ大陸に広げていて、
アフリカ大陸の自然、その地に生きるアフリカ人コミュニティーを壊している
アフリカ人のビジネスチャンスを奪っていると
国際社会でバッシングされてきている


PICT0170_convert_20100702175550.jpg

今の中国

北京オリンピック以降の大変貌

上海万博に向けた大都市化





何よりびっくりしたことは現代アート

中国の現代アートは遅れていると感じたのは大学2年の時
新しい芸術を創る力、リードする国は日本と信じていた
それはもう遠い過去
この10数年のうちに、
中国大都市における 現代アート事情は
日本のずっとずっと手の届かないくらい はるか先まで
進んでいて、広がっていて、深いところにある

pekin.jpg


アフリカ大陸における中国進出は悪い面だけではない
アフリカ大陸の中にある芸術の価値を
中国人アーティストが見出す目が育っている





世界中にはりめぐらされた中国人コミュニティーが
世界中のあらゆる土地にあるモノを北京や上海に集め
中国人アーティストたちが、
「美」を見出し、消化し、自己表現している

ちょっと先を見る目と どこの地に対しても好き嫌いなく
貪欲に美を追求する姿勢 
そして、自分の表現手段を使って解釈する力
高等教育が進む中 鑑賞する目も育ってきているのかもしれない

中国の現代アートに携わる人数が、ほんの数パーセントであっても、
人口の桁数が違うのだから、本気でやられたら、あっさり日本は負け

「中国が発掘し、北京・上海から発進される世界中の美を
中国ネットワークに乗っかって、学ぶ時代が来たのでしょうか。
 現代アートの分野では、日本は中国には勝てないと思います。」

そういう感想を、デザインプロデューサーである黒崎さんにつぶやいた
黒崎さんは笑ってこう答えた

「あなた、中国と同じやり方でやろうという感覚ってのが、狭いよね
世界を舞台にするのなら、[日本の美意識]で勝負すること

日本ならではの自然 そこから生まれる美意識 価値観を大切にする
日本の昔から息づく 独特の価値観 美意識
でしゃばらない 質素 かつ 品のいいもの 質素の中の品格」

私の教室で出会った日本の美意識
小学校2年生の生活科[町探検]の感想カードより
[今日の公園は雨のにおいがした。これから、草とか、木はうれしいと思う。]

2年生の図工[水彩絵の具の指導:紫陽花の色作り]より
「紫陽花の水色の花びらをよく見てるとね、
すっごく薄い水色、濃い水色、紺に近くて薄い水色、それから、赤っぽい水色
同じ水色でも、たくさんの色の種類があるんだ。」

四季の移ろいや天候の変化に敏感で、虫や草木に思いをよせる
繊細な色の違いに気づく
もうすでに7歳くらいの子ども達もつかんでいる日本の美意識
そして日本の良さで勝負する

PICT0157_convert_20100702175501.jpg

上海2007年夏
華東師範大学の授業

アフリカ

0 TrackBacks
2 Comments

Comment

好久不見!

お久しぶりです。ヨルダンへは何時出発ですか?
私は夏昨年に引き続き上海一人修行行ってきます。今、美女諜報員「鄭ピンルー」関係の本読んでいて
すっかりはまってしまい空き時間は彼女の足跡辿ってみようかと思ってます。
2010/07/03(Sat) 23:10:14 | URL | 玲子 [ Edit]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/07/03(Sat) 23:22:49 | | [ Edit]
管理者にだけ表示

Trackback

トラックバックURLはこちら
http://kazitabonita.blog133.fc2.com/tb.php/8-3526b000