和室

ノゥワール先生 ありがとう

ノゥワール先生のご退職を祝う会
この会に向け、サプライズプレゼントを提案し、みんなで用意した。

彼女が、校長先生からプレゼントを受け取って、開いた時の驚き、
込み上げてくる想いと 感謝の涙。
「ありがとう。本当にありがとう。これは人生の宝物。」と
嬉し涙でぐちゃぐちゃになりながら、言ってくれた。
P1000366_convert_20111124032931.jpg

その
サプライズ
プレゼント、

ヨルダン初!
日本発!
カリーマ発の
アイディアだった。



ノゥワール先生と私。
去年、私が働き始めた当初、
アラビア語、学校生活、美術授業、いろいろと苦戦していた頃、
「カリーマ、わからないことがあったら、恥ずかしがらず、誰でも聞きなさい。
困ったことがあったら、誰でもいいから 伝えなさい。
せっかく「私の学校」にいるのだから。
ヨルダンのこと、イスラム教のこと。教育のこと、人生のこと、
みんな親切だから。 みんな あなたの力になってくれるから。」
いつもそばにいて、肩を押してくれた。

彼女の心遣いと優しさがあったからこそ、
私は、この小さな学校で、美術とアラビア語だけでなく、
もっともっと幅広い視野を すべての同僚から学ぶことができている。

ノゥワール先生に恩返しがしたい。
同僚たちと同じように、私もそう思った。

いつも一緒にいる美術のタガリードに、その気持ちを伝え、
「あなたのことを大好きな仲間から」ということで
同僚35人からの 寄せ書きカードを作ろうと提案した。

寄せ書き? 手紙? カード? みんなの名前をサイン?
・・・・と、チンプンカンプン。
そりゃ、そうだ。 そういうのは ヨルダンにはない。

002_convert_20110902233825.jpg

私は、前任校でもらった
寄せ書きカードをもっていって、
同僚たちに見せた。




私は、学校の同僚に、いつも恵まれていたこと、
彼らが 忙しい中を縫って、寄せ書きカードを作ってくれたこと
一人ひとり 書いていることが違い、文字も違うこと。
それを ヨルダンまで持ってきて、ときどき読み返していること
読み返しながら、日本の学校生活や同僚たちを思い出し、
ヨルダンで「がんばろう」という気持ちになれること

美術のタガリードも校長も教頭も、同僚たちみんな、
日本人の発想や、元同僚からのプレゼントを賞賛し
「いいね!」「ぜひ作りたい!」ということになり
私は寄せ書き担当の係となった。
007_convert_20111124033607.jpg寄せ書き用のカードは、
ここでは手に入らない。
だから、ハードカバーノートの
表紙を再利用して作った。
教室で写真を撮り、
写真屋さんへ現像しに行った。
デザインは日本の友人からもらった
折り紙を切って、花々を散りばめた。

   誰もが 賛同して協力してくれた。
       適当に書く先生はいなかった。
           ノゥワール先生の人柄あってこそ。

005_convert_20111124033456.jpg
一人ひとりの先生たちが 
それぞれの想いを綴る。








ある同僚は 古い故事を引用し、標準アラビア語(フスハー)で
  ある同僚は 英語で 端的にわかりやすく。
     ある同僚は これを書いても 私の思いは伝わらないと言いながら、
        一晩考えてきた 小さなメモを取り出して、たくさん書いていた。

書道が得意な同僚は、
「表紙の文字なら私にまかせて!」と、立候補し、
「美しい想い出たち」という表題を書いてくれた。

メッセージを書きながら、ノゥワール先生との思い出に向き合う。
彼女たちの真摯な姿が とても嬉しかった。

「素敵なアイディアをありがとう!」「ノゥワール、絶対喜ぶよ!」
「ヨルダンにはないわ!日本人の感覚って、素晴らしい!!」
書き終わった同僚たちが 伝えてくれた。

 めぐり巡る 感謝の気持ち、
  倍増して 心にゆっくり しみこんでいく


感謝の心を言葉に表すこと。個人ではなく、みんなの想いを一つに。
知らず知らずに 身につけてきた 
日本人の習慣や温かさが
ここで また一つ ヨルダンの大切な人たちに 巡っていく。
008_convert_20111124033744.jpg






未分類

0 TrackBacks
3 Comments

Comment

マーシャーアッラー!

えぇ~話やなぁ(#^.^#) としみじみしながら読みました。
ノゥワール先生にとって、本当に一生の宝物☆になっただろうね。
そして、このプロジェクトに関わった先生方も皆、温か~い気持ちになったんだろうなと思います。
私もほっこり温かい気持ちになりました(((o(*゚▽゚*)o))) しゅくらん♪

2011/11/24(Thu) 14:27:25 | URL | よっちゃん [ Edit]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011/11/27(Sun) 19:32:26 | | [ Edit]

メッセージの寄せ書きのお話、心が潤いました。
寄せ書きという習慣が無いのですね。
これで皆さんの心まで熱くなっていった様子に心打たれました。
デーツ屋さん、味見ができると好みのものが見つかっていいですね!
2011/12/08(Thu) 14:56:17 | URL | miriyun [ Edit]
管理者にだけ表示

Trackback

トラックバックURLはこちら
http://kazitabonita.blog133.fc2.com/tb.php/77-1cfeda1e