和室

犠牲祭がやってきた

2011年11月6~10日の4日間、待ちに待った
犠牲祭(イード・アル・アドハー)がやってきました。

近所の駐車場に、羊専用マーケットが立てられ
「おいしい羊だよ、破格の○○ディナール!」と、羊のバーゲンが始まっています。

大きなお祭りといえば、日本ではお正月。
一方、イスラム圏の人々にとっては 犠牲祭がまさに「お正月」です。

R0012100_convert_20111106071814.jpgR0012093_convert_20111106071135.jpg
犠牲祭は、羊などの動物を生贄にします。
およそ三千年前、預言者イブラヒムの故事に因んだものだそうです。

犠牲祭の一週間前くらいから、気もそぞろ。
生徒も同僚も、ちっとも勉強や仕事に身が入っていません。
断食をして精神を整えたり、
犠牲祭休暇を、家族みんなでどうすごすかを計画立てたり・・・。

今日、11月5日、犠牲祭前日。
羊マーケットに集まった 人と羊の群れ
「今年のイードも楽しく過ごすぞ!」と、騒ぎにうかれる人間達
「もはや、これまで・・・。」と自分の運命を察知している羊たち
R0012099_convert_20111106071211.jpgR0012096_convert_20111106071258.jpgこの羊は10000円くらい。
羊の値段は犠牲祭当日の
1ヶ月前あたりから、
上昇していくそうです。

羊は生きたまま家に持ち帰り、犠牲祭中に解体されます。

ヨルダン人のお父さんは、動物を解体ができてなんぼ。
恐れ入ります。
R0012098_convert_20111106071053.jpg
解体された肉は,
小分けにされて袋詰して、
貧しい人々や近所の人に配られます。


世界中のイスラム教徒にとって、
今年のイードも
素晴らしく 美しい日でありますように。


0 TrackBacks
2 Comments

Comment

イードムバラク!
2011/11/06(Sun) 15:12:33 | URL | A.N. [ Edit]

ありがとう

アッラー イエバーレック フィーキ
الله يبارك فيك
2011/11/11(Fri) 08:31:58 | URL | kazu [ Edit]
管理者にだけ表示

Trackback

トラックバックURLはこちら
http://kazitabonita.blog133.fc2.com/tb.php/74-ef1c1450