和室

先生の日 

10月5日は「先生の日」
生徒たちがお世話になった先生に感謝する日

休み時間が過ぎ、全校生徒が教室の外に整列し
先生の表彰式が始まる
一人ひとりの先生の名が呼ばれ、表彰される
018_convert_20111027060931.jpgR0011981_convert_20111027060818.jpg

去年の今、初めて学校に来た時、私は同僚にこう伝えた。

私はパレスチナ難民キャンプに勤務する教員ではなく
ヨルダン美術の専門家でもない
私は あくまで日本人のボランティア
できるところでお手伝いさせてもらう、サポートする立場 

あっという間に一年が過ぎた

校長先生が、誰かが作成した私を紹介する文章を読む。
生徒の前で名前が呼ばれた瞬間、大きな拍手、そして、
「カリーマ(私のアラビア語名前)!!先生」と生徒の声がこだました

「あなたは私たちの仲間!
 私たちは家族の一員のように思ってるのよ。」

「いつもありがとう。私の学校に来てくれて良かった。」

といってくれた同僚、そして、カウンターパート

「カリーマ先生 おめでとう」といって
手紙や絵を書いてプレゼントしてくれた生徒たち

「先生」と言われて こんなに感動した瞬間は初めて

すばらしい同僚たち、心地よく働ける空間と時間

生徒たちの前では、堪えきれていたけれど、
同僚たちの前では、大粒の温かな涙が溢れて 止まらなかった

残り一年で 目の前の生徒と同僚に恩返しをしよう
そう心に決めた一日だった 

IMG_5076_convert_20111015083723.jpg去年の今 死海を眺める

未分類

0 TrackBacks
1 Comments

Comment

おめでとう

Teacherカリーマ、旅立ちから1年、おめでとう(*^_^*)
この一年の間カリーマが、子どもたちや同僚の皆様、地域の方々から慕われ伸び伸びと生活できたことが嬉しくてたまりません。でもばっちゃんは遠く離れた日本の片隅で中東のニュースを目にするたび、カリーマの安全を祈らずにはいられません。どうぞ、健康に気をつけて。(^_^)

2011/10/21(Fri) 11:29:25 | URL | 月の砂漠 [ Edit]
管理者にだけ表示

Trackback

トラックバックURLはこちら
http://kazitabonita.blog133.fc2.com/tb.php/69-5338c1bd