FC2ブログ

和室

故郷への思いを乗せて応援(母八重子 南日本新聞掲載 4月2日)

今回は、母八重子の鹿児島の地方新聞の記事「故郷への思いを乗せて応援」です。
3年間にわたって、ソフトボールを通じ、鹿児島と熱いつながりがある母。根っからの薩摩おごじょです。
(私は、今年は参加。2018年、2017年は海外にいて不在)
ーーーーー
「故郷への思いを乗せて応援」
懐かしい故郷からの待ちに待った再会の日。一年に一度、全日本中学校男子ソフトボール大会へ出場するために鹿児島選抜の選手たちがやってきました。
今、私が住んでいる岡山県新見市は、全日本中学男子ソフトボール大会の開催地です。今年も全国選抜18チームの熱戦が3日間繰り広げられました。
鹿児島対岡山の決勝戦。延長八回の手に汗を握る戦いとなりました。準決勝で鹿児島に敗れた長崎チームが、九州の仲間として友情の声援を送り、選手たちを勇気づけていました。
鹿児島にとって開催地岡山選抜との決勝争いは大きなプレッシャーだったことでしょう。それを乗り越えたのは、自身の日ごろの取り組み、OBや先輩たちの応援、家族の支えがあってのことだと思います。試合終了後の選手たちの達成感に満ちた笑顔、礼儀正しい挨拶に、故郷の明るい未来を感じました。
選手たち、監督をはじめ関係者の皆さま、3日間の心に残る思い出をありがとうございました。また、来年の再会も楽しみにしています。

南日本新聞 2019年4月2日

和さんのつぶやき

0 TrackBacks
0 Comments

Comment

管理者にだけ表示

Trackback

トラックバックURLはこちら
http://kazitabonita.blog133.fc2.com/tb.php/546-61e6a7c7