FC2ブログ

和室

蒜山高原にいるとっても怖い顔をした、とっても偉い妖怪「スイトン」

岡山県の西北部・鳥取県境に位置する蒜山(ひるぜん)高原。
蒜山に入るとたくさん見かける、トーテムポール。
同じ人の形をした木の彫刻。口をぱかっとあけ、目はぎろっとにらみ、小さな両手をまっすぐ広げ、私たちをお出迎え。

祖母「蒜山には同じ顔をした木の彫刻があるけど、ありゃぁ、なんじゃろう。あっちゃぁーこっちゃぁーで、おっそろしぃ顔して立っとるがな。」
私「これは、外国で魔除けで使われているトーテムポール。
蒜山は、どこか外国の町や島と姉妹都市なんじゃないの。外国のトーテムポールを魔除けとしてつかっているんじゃないのかな。」

祖母のふとした疑問から、私はいろいろ推測し回答しましたが、謎は深まるばかり。
さて、蒜山高原センターのお土産コーナーに、蒜山に突如現れる木の彫刻に関し、謎を解くカギがありました。

「世界のどこかで使われているトーテムポール」という私の推測はハズレ。
どうやら蒜山高原に昔から伝えられている妖怪をモチーフとして作られているようです。

説明によると、妖怪の名前は「スイトン」漢字で書くと「粋呑」。
悪い人のところに“スイー”と飛んできて“トン”と1本足で立ち、引き裂き食ってしまうといういいつたえです。「だから蒜山には悪人は居ない」のだとか。

へぇーー。へぇーーー。へぇーーーー!!!
怖い顔をした理由があるんだ。それにしても、えらいねぇ、妖怪スイトン。

その後、おばあちゃんはスイトンコーナーに猛ダッシュ!!
熱心にスイトングッズを選び、お気に入りのスイトンをゲット。
今は、おばあちゃんのカバンにスイトンストラップがくっついます。
お祖母ちゃんが歩くとスイトンもキョロキョロ動きます。

おばあちゃんに何か悪いことがあったり、嫌なことがあったらスゥートンとスイトンが表れ、食べてくれると思います。

30441435_10214855271272005_4112080750786345618_n.jpg

30415205_10214855276832144_1898044035244208201_n.jpg

30443032_10214855274672090_5363879318013696755_n.jpg

30515790_10214855274152077_7320284145804641103_n.jpg

30515800_10214855275032099_8571723044933003750_n.jpg


和さんのつぶやき

0 TrackBacks
0 Comments

Comment

管理者にだけ表示

Trackback

トラックバックURLはこちら
http://kazitabonita.blog133.fc2.com/tb.php/482-b7f6450d