和室

フランスで剣道

2018年、1月1週目から再開した剣道。
フランスのトゥールーズで、週に1,2度、剣道を学んでいる。
トゥールーズ市内に3つ剣道団体があり、私が通う剣道場はうちから徒歩5分。

パスカル先生は剣道5段。
日本の武道の知識や文化をしっかり教えてくださる。
道場では厳しいが、稽古が終わると、とってもチャーミングな先生。
パスカル先生から「フランスで剣道頑張れ!」と、白袴を譲っていただき、41歳にして稽古を再開することができた。

道場の仲間たちも、とっても素敵だ。みんな日本の作法を身に着けている。
すべてフランス語であるにもかかわらず、まるでどこか日本の中学校の剣道部にいるような感じだ。
とにもかくも、フランスのトゥルーズの剣道家たち剣道をするというのは、とても新鮮で楽しい。

今は、剣道の基礎中の基礎、足運びと竹刀の素振りを集中的に習っている。
サッカーやテニスなどの外国のスポーツと異なり、剣道独特の作法や思想がある。ただ強く、そして上手になるだけではだめなのが、剣道(すべての武道)の奥深さ。

剣道で竹刀を交わし汗びっしょりになる心地よさ、先生や仲間たちに敬意をこめてお辞儀をする瞬間、黙想の静けさ、剣道の後ぐっすり眠り、次の日の目覚めの良さはかけがえない。

剣道を通して得る貴重な時間。
フランスで剣道を楽しめる環境、今の自分、道場の先生、仲間たちに感謝。

おまけ★武道好きな和さん 過去の日記★
2012年 
ヨルダンで剣道

2017年 
ブルキナファソの柔道家たち
180217 Kendo 1


180217 Kendo 2



にほんブログ村
フランス滞在

0 TrackBacks
1 Comments

Comment

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2018/02/26(Mon) 14:06:37 | | [ Edit]
管理者にだけ表示

Trackback

トラックバックURLはこちら
http://kazitabonita.blog133.fc2.com/tb.php/470-d515bafe