和室

あなたがいたからこそ 

先月死海マラソンに参加

障碍を持った方と一緒に体を動かすことを楽しむというチャンスを
仲間の一人が作ってくれたことに とても感謝している

sikai1_convert_20110518065717.jpgsikai2_convert_20110518071035.jpg













誰もが自分らしく幸せに生きる権利をもっている
誰にだって秘められた才能や良さがある。
スポーツや芸術は、誰もが同じ土俵で一緒に楽しむことができる。
言葉もいらない。心が通じる。それだけで十分。

私の大好きないとこの一人は、障碍を持って生まれてきた。
物心ついたころから、彼の成長を一緒に応援し、喜びを共に味わってきた。
彼がいたからこそ、私の親戚や家庭は、とても人間味があふれ、豊かだった。

知的に障碍があろうと、教員であろうと、博士号卒エリートであろうと
祖父母にとって、孫は孫にかわりない

祖父母は、小さな頃から、孫それぞれの良さを見出し、
素晴らしい個性の輝きを持った一人の個人として 
対等に励まし、生き方を尊重してくれた。
「じーちゃんは食べて寝るだけ。ばーちゃんはしゃべるだけじゃ。
あんたら、みーんな、すごい。えらいなぁ。がんばっとるなー。」と。

彼の存在のおかげで、今も、私はとても豊かに生きることができている。
それは 私の両親も弟も同じだと思う。

障碍を持った方やその家族に対して、同情したりとか、偏見の念を抱いたりとか、
そういう感覚が一切ない。
近くに寄り添い、一人ひとりの成長を祝い、喜びを共有してきた祖父母
小さな頃から、対等に 向かい合ってきた いとこくんがいたから。

ヨルダンも日本もまだまだ 社会的弱者に対する 偏見が多く、生きにくい。
一人ひとりの心の容量がもっと大きく もっともっと社会が豊かに 

sikai3_convert_20110518071445.jpg

2011 4.8
@
死海の周りを
10キロ
歩いたり
走ったり

残すところ
あと1キロ

一緒に走った
友達
途中で出逢った
ヨルダン人たち
未分類

0 TrackBacks
1 Comments

Comment

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011/05/20(Fri) 09:26:54 | | [ Edit]
管理者にだけ表示

Trackback

トラックバックURLはこちら
http://kazitabonita.blog133.fc2.com/tb.php/44-9ca7d0e8