和室

ベナン旅行記、ウィダー訪問 奴隷街道とブードゥのシンボルたち

2017年2月17日から2月20日まで、3泊4日でベナン旅行にきています。
ブルキナファソのお隣り、海に面した国。
直行飛行機で1時間半で着きます。
今日は奴隷貿易の歴史とブードゥ教のルーツを持つ町、ウィダーを訪問しました。

Ouidah1

奴隷街道と呼ばれる道には、ブードゥの神様をテーマにしたモニュメントがあちこちに。
インド、ヒンズーの神様を思い出します。
立体アートの視点からは、ジンバブエのショナ彫刻についで、胸キュンですよ。とてもかわいい。

ちょっと紹介しますね。
Ouidah5

Ouidah4

Ouidah5

Ouidah9

Ouidah10

Ouidah7

Ouidah8

奴隷街道の終点は、帰らずの門。
ここから奴隷達は船に載せられて、アメリカ大陸やカリブへ運ばれていったのです。


奴隷貿易に触れる旅は、セネガル、ゴレ島、
ガーナ、ケープコーストに続き、三回目。
悲しい歴史ではあるものの、アフリカが生み出した音楽やアートや宗教が、奴隷貿易を通じて世界へ広がったことを感じています。
大好きなキューバにもブードゥ信仰に結びついた宗教が根付いていました。

次回もベナン、ウィダーの紹介。
2017年40歳の誕生日を記念して、私の干支にまつわる場所へ。
ベナン旅行記

0 TrackBacks
0 Comments

Comment

管理者にだけ表示

Trackback

トラックバックURLはこちら
http://kazitabonita.blog133.fc2.com/tb.php/407-9a9fd366