和室

端午の節句

・輔??・輔??yuudai+繧、繝ゥ繧ケ繝医??_convert_20110505005934

今日5月5日は、
端午の節句

ヨルダンからプリンスへ成長の願いをこめて描きました。


子供の誕生は、一家にとって、かけがえのない宝。
新しい命の誕生が、周囲のみんなに幸せを与えてくれます。

2010_0505譁ー隕狗ッ?蜿・0020_convert_20110505010219














世界中、赤ちゃんが生まれると、
男の子でも女の子でも平等に祝福されています。
でも、以前はそうではなかったそうです。

長男は一族の名前や財産を継ぐ大切な存在。
だから、心の奥底では、女の子より男の子が望まれました。
日本が男の子にこだわらなくなったのは、
アメリカ流の男女同権が思想として定着したり、
一族・家族の絆が解体されていったりした結果だそうです。

イスラム国家、儒教国家では依然として、
男子優先主義、家長主義が文化として残っています。

同僚は、女の子5人と男の子1人、計6人の子供たちの母です。
「長女、次女、三女、四女・・・男の子が生まれるまで出産を続けた。」
と冗談まじりに言っていました。

とはいっても、かけがえのない子供たち。
一人ひとりに愛情をかけているのが、とてもよくわかります。


去年2010年5月5日、初めて迎えたオイくんの初節句
じょうぶで元気な男の子に成長するように、
親戚みんなで願いを込めてお祝いしました。
手作りが大好きなうちの家庭は、料理、イラスト、すべて手作り。
温かな初節句でした。

2010_0505譁ー隕狗ッ?蜿・0002_convert_20110505010058














父方の親戚(岡山県新見市)祖父と父と弟とプリンス。
四代揃って兜の前でパチリ。

鮖ソ蜈仙ウカ+(9)_convert_20110505010549












今年は鹿児島へ母と弟と嫁さんと一緒に旅行したそうです。
鹿児島の祖母は、毎年5月5日になると、子供の日を祝って、鹿児島独特の味
あくまきを手作りしてくれました。

2011年、5月5日 
世界中の子供たちの成長を願って。
未分類

0 TrackBacks
0 Comments

Comment

管理者にだけ表示

Trackback

トラックバックURLはこちら
http://kazitabonita.blog133.fc2.com/tb.php/40-7def0ce6