和室

祖母の四十九日(鹿児島県出水市)

2016年7月24日 鹿児島県出水市
祖母の四十九日に参加してきました。
祖母の最愛の伴侶のもとへやっと旅立てる日。
参列した私たちは、おじいちゃんとおばあちゃん再会できるといいね。いまごろどんな話をしているかな・・・・。なんて話していました。

le rite funéraire_2

四十九日法要でお世話になったお坊さんは、亡くなった祖父(僧侶)と同じお寺で一緒に働いてきた方。
祖母や祖父の思い出も交えながら話をしてくださり、親しみ深く感慨深いものがありました。

祖母のおかげで、久し振りの親戚たちとの再会。
いとこの家族にも会えました。

こちらの白髪の二人(祖母の妹と弟)。
鹿児島大学時代とてもお世話になった、鹿児島の父と母。
祖母の弟のうちに下宿させてもらった1年間、私の鹿児島のお父さんだったおじさま。
20年前、教育学部の学生だったあのころ、いつもどこかに連れて行ってくれたり、ご飯をごちそうしてくださったおばさま。
20年たつと、こちらもそちらも年をとりますね・・・・。
あの頃、いっしょにお風呂に入っていたおじさんの孫も、もう成人式を迎え立派な青年かぁ。

le rite funéraire_1

大人になると、葬式や結婚式といった式でしか顔を合わせなくなってしまうけれど、こうやってみんな元気にそれぞれの道で生きているのだなと思うと、とても勇気がわいてくるものです。

四十九日の日、ちょうど出水市で大きな花火大会がありました。
まるで「みんな集まってくれてありがとう!」と祖母が用意してくれたような花火大会。
母と伯母(母の妹)は、祖母との小さなころの思い出を胸に、米ノ津川のほとりを二人で歩いて花火観賞。
私は、梅酒片手にお隣の旅行者と旅館の二階から、目の前に広がる花火を楽しみました。

ちなみに鹿児島県出水市は私が生まれた町です。
旅館のすぐ目の前が、私が生まれた産婦人科でした。
花火大会、親戚との出会い、私が生まれた場所、
おばあちゃんの導きが巡りめぐった一日でした。

おばあちゃん、ありがとう。

le rite funéraire_3
生きる

0 TrackBacks
0 Comments

Comment

管理者にだけ表示

Trackback

トラックバックURLはこちら
http://kazitabonita.blog133.fc2.com/tb.php/379-c472e722