和室

運動会前日の夢 

おとついの朝、久しぶりにくっきりした変な夢をみた。

夢の中に出てくる場所は、私が大好きだった職場、神奈川県相模原市のK小学校。
夢の中に出てくる人は、今、ブルキナファソのワガドゥグで仲良くしている多国籍(ブルキナファソ・フランス・カメルーン・イタリア・セネガル人・・・)の友達たち、JICA事務所のブルキナファソ人同僚。
日本人は私だけ。
夢の中で聞こえてくる言葉は相模原弁。

その日は運動会の前日。私の学年だけが準備不足で、すごく忙しかった。
5年生担任の私とローランとアブドッラー。
100メートル走の直線距離を測りながら線を引く。
「ほかの学年はみんな準備が終わってる、カズは直前にならないとやらない。うちの学年だけ準備ができていない。」と二人に攻められ、ふてくされながら準備していた。

もうあまりに焦るもんだから、直線距離もうまくひけず。3人で何度も何度もやり直す。
ほかの学年や保護者の人たちが、気を遣いながらしずかにみている。
JICA事務所で一緒に働いているカリさん(他の学年担当)は、誰にも気づかれないよう、そっと3人にジュースの差し入れをしてくれたりするのだ。やさしい同僚に対して悪いなぁという思い、同学年の二人に対する不調和もすごーーく鮮やかに心に残っている。

この夢は本当に鮮やかで、くっきりしていた。
学校の空気も、運動会がうまくいくようにという願い、学年集団で協力することも、準備不足のあせり、友達の気遣い、
相模原弁を話す先生たち(ワガドゥグ在住の多国籍集団)の声も、チャイムの音も、本当に現実のようだった。
起きた時も夢か現実かわからないくらい。

あまりにリアルだったから、その日の夕方、ルームメイトに変な夢の話を伝えた。
疲れてるのかな。この夢は何を暗示しているのかな。

夢の場所 K小学校。2008年某日
プレゼンテーション1
和さんのつぶやき

0 TrackBacks
1 Comments

Comment

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2016/05/23(Mon) 17:30:31 | | [ Edit]
管理者にだけ表示

Trackback

トラックバックURLはこちら
http://kazitabonita.blog133.fc2.com/tb.php/363-dda9780d