和室

「クリボーの一生」×「安保法案可決 2015」

2013年2月21日(木)
およそ1年半前、神奈川県横須賀市の海軍基地をながめながら
クリボーの一生を紹介した記事を再度掲載します。

2013年2月21日 和室記事「クリボーの一生」と「集団的自衛権」

私は神奈川県相模原市に11年間勤務していました。
だからか、「米軍」をとても近く肌で感じてきました。
神奈川県には米軍関連基地が多く存在しています。
飛行機の音で授業が中断される小学校もあります。
先日も相模原市内で火災事故が発生していているのです。

あぁ、あれから、着々とコトは進んでいたのですね。
安保法案可決・・・・

*********以下、再掲載*********

アンマン在住のKKさんが、
「クリボーの一生」という映像を紹介してくれた。
img_919091_34848672_0[1]_convert_20130221210441















クリボーといえば、マリオブラザーズで出てくる
一番弱い、キノコのキャラクター。
「クリボーの一生」は、クリボーからみた一生を描いた
切ないドラマである。

クリボーが恋をして、結婚をし、家庭を築く場面から
物語は始まる。
穏やかな日常の中で、なにげなく耳にするCMや広告。
それが、
クッパ大王による「打倒マリオ」軍隊へ徴兵PRだった。

徴兵の宣伝をみたクリボーたち。
「悪いマリオがいるなら、やっつけなければいけない。」
「みんなが戦場へ行くなら、俺も行く。」
「いい仕事がないから、戦いにいくしかない。」

クリボーの奥さんや子供が心配する中、クッパ軍へ入隊。
打倒マリオを掲げ、たくさんの同志クリボーたちと共に
闘いの訓練を行うことになる。
やがて、スーパーマリオの戦場、1-1のファーストステージへ。
マリオに「ピョコッ」と踏まれ、あっけなくクリボーの一生は終わる。

お時間のある方は、みていただきたい(海外からのVTR。)

クリボーの一生と同じことが、現実世界でおこっている。

繧ケ繝ゥ繧、繝・_convert_20130221210355

2013年1月15日(火)の東京新聞、「本音のコラム」で、
ルポライター鎌田慧(かまたさとし)さんが書かれた記事を紹介したい。

~~以下、東京新聞記事から一部抜粋~~
「米国は、いうまでもなく、世界最強の軍事大国である。
 その世界一強い軍隊と一緒に戦争をするのが、
 いま安部晋三首相がやりたがっている『集団的自衛権』行使である。

 自分の国に関係のない戦争にでも、
 約束に応じて、出かけていくことになりかねないのだから、
 「集団的攻撃義務」というほうが、より正確だ。


 先方は、十分ひとりでも戦えるのだが、経費削減と孤立化を防ぐため、
「同盟国」に下請けさせるという屈辱である。

 米国の戦争に参加して、最初に死ぬのはだれか。
 最初に殺すのはだれか
。」

~~~~~~~~~~~~~~~

米国がクッパ大王で、
日本が雑魚キャラ、クリボーのようにみえてくる。

誰も、クリボーの一生のようになりたくない。
そもそも、クッパ大王やクリボーからみたマリオが
本当に敵なのか、悪者かどうかも、よくわからない。

テレビゲームのような世界が、
現実に起きている恐ろしさ。

繧ケ繝ゥ繧、繝・_convert_20130221210412


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

戦争と平和

0 TrackBacks
0 Comments

Comment

管理者にだけ表示

Trackback

トラックバックURLはこちら
http://kazitabonita.blog133.fc2.com/tb.php/330-8d131bff