和室

2015.9.11  タブセンのつぶやき

時を超え 国を超え いつも どこまでも 続く空を見上げて繝励Ξ繧シ繝ウ繝・・繧キ繝ァ繝ウ1_convert_20110913021727













10年前の私 小学校教師になって3年目
今と変わらず 毎日を楽しく クラスの子供たちと駆け抜けていた

担当していた3年生のクラスの子供たち
給食、休み時間、お笑い専門のお調子者
何もかもが真面目で慎重な子 ちょっかい大好きいたずらっ子
とってもシャイで大人しい子 運動神経のずば抜けた子、頭の回転が速い子
誰も見ていないところでも掃除をしたり みんなのことを考える思いやりのある子
それから、みんなをまとめるリーダーシップをとれる子がいた

美人で頭脳明晰な彼女は 家では我がまま放題だったらしいし、
運動神経抜群、リーダー的存在の彼は、食べ物の好き嫌いが激しかった。

どこにでもある教室 どこにでもある小さな世界
誰もに良さがあって、得意なことがあり、
また
一方で、誰もに弱点や 苦手なことがあった

勉強や運動ができるから えらい、すごいというわけではない。
「知識」なんて、ただの一つの物差しにすぎない。

能力が高く できる子が いつもとりしきっていては、
小さな社会である教室は つまらなくなってしまう。

一人ひとり存在価値があって、役割がある
それぞれの良さを認め、励まし 協力し合うことで
もっと よりよい クラスになるかもしれない。

「みんな違って みんないい」
いつも この言葉を どの学年でもクラスの子供たちに聞かせていた

PA050151_201509120818103c6.jpg



その教室で 10年前の今頃、
何度も何度も同じ画面を見て、同じ思考回路の3年生の子供たちに対し、
「アメリカのテロ事件」を考える話しをした。

授業の後、学級通信で保護者たちに、
9.11に対する 私のメッセージを伝えた。

私たちのクラスの友達のことも
今、世界でおこっていることも、とてもよく似ている と  

世界には いろんな国があるということ
それぞれの国に生きる人々 衣・食・住、風土、気候、文化、宗教、歴史
どの国もそれぞれ 違って どの国も 良さがある

経済力があるから、文化的だから すごいというわけでない。
そもそも 力のある国が一方的に 一つの物差しで
物事の善し悪しを測ったり決めたりすることはできない

力のある国が 従わない国を ダメな国とみたてて、
グルになって いじめるのってどうだろう。
どこかで何かが軋み、バランスが崩れ、歪んでしまうのではないか。

それぞれの良さを 受け入れ 評価し お互い助け合えば
もっとよりよい 世界になるかもしれない。

あれから10年
世の中はずいぶん便利になり 進歩したというけれど、
どうなんだろう。

10年前の小さな教室が 今とあまり変わりがないように
10年後の大きな世界も 特に 変わりがないのかもしれない。

023_convert_20110913021953.jpg028_convert_20110913022030.jpg
半年前 日本を偲ぶ ヨルダン日本大使館前での灯

ーーこの記事は、4年前、2011年9月11日、ヨルダン隊員のころ書いたものーーー
ブルキナファソの生活を書こうとおもったけれど、もっともっと大切なこと。
あの頃の思いを、修正なしで載せてみました。
ちょうど今、あの頃の生徒たちと同い年の大学院生が、ブルキナファソで調査。
なんだかふしぎな縁。。。。みんな元気かな。
タブセンは元気ですよー。



世界を伝える

0 TrackBacks
1 Comments

Comment

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2015/10/08(Thu) 20:09:49 | | [ Edit]
管理者にだけ表示

Trackback

トラックバックURLはこちら
http://kazitabonita.blog133.fc2.com/tb.php/328-077c9d43