和室

「福の鳥プロジェクト」との出会い

今回は、「がんばっぺ!福島」を合言葉に、
福島の復興に積極的に取り組む
福の鳥プロジェクト」との出会いについてご紹介します

fuku3.jpgきっかけは、2013年5月5日。福島駅前でこどもの日イベント
二本松訓練所25―1候補生(数名)が、
子ども日イベントのお手伝いするというので、
ちょっこっとだけ、顔を出すことにしたのです。


子供の日イベントは、あまり記憶にないのですが、
「福の鳥プロジェクト」ブースに釘づけ・・・。



こけしデザインに会津伝統工芸品を生かした
楽しいデザインに目を奪われた私。

福島から二本松市まで
黄色キビタン・スクーターで4号線を走りながら、
「デザイナーと連絡を取ろう!」
「福の鳥プロジェクトの仕掛け人(横山顧問との出会い)にお会いして、
 アートの力で人をつなぐ可能性についてお聞きしたい!」と思ったのです。

ちょうど、この日は平日休み。
2013年8月6日のお昼ごろ。
fuku7.jpg

福の鳥プロジェクトの会社である第一印刷でインタビューを受けました。
「世界の中の福島」という特集記事に、
中通りの一人として、掲載してくださったのです。
fuku1.jpg


fuku2.jpg

喜多方レトロ横丁やら、納豆試作品やら、インドカレーやら、
川俣祭りやら、うづぐじまライフやら、なにやらかにやら….。
本当にお世話になりました。


二本松訓練所は福島県に位置していますが、
二本松訓練所と家の行き来だけでは、福島県全体はみえなかったと思います。
小さな一つ一つの大切な出会いによって、
福島をより楽しく、より深く知るきっかけにつながっていったのです。


福島love」な今の私があるのも、

福島をもっともっと知りたい。
福島の芸術作品の理解を深めたい
。」という気にさせたのも、

「福の鳥プロジェクト」との出会いによるものがとても大きい。

こちらが、7月中旬の新宿こけし×トリップイベント。
新宿の東急ハンズで開催され、参加してきました。
(東京では、福島イベントはよく開催されているんです!)

福島を離れても、福島の生活はこんな感じだよ~。
東京で福島イベント開催予定だよ。応援よろしく!
川俣シャーモく、活躍中!
などなど、福島を離れても、福島の情報をリアルタイムに
届けてくださる福の鳥プロジェクトの幸さん。(デザイナー)

fukunotori.jpg

ずっとずっとつながっていて、
福島を考えるきっかけを、与えてくれるってうれしいですね。
お礼が遅くなってしまったのですが、改めて。
福の鳥プロジェクトの皆さん、ありがとうございます。
これからも、よろしくお願いいたします。

fuku4.jpg


福島を楽しむ!

0 TrackBacks
3 Comments

Comment

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014/08/11(Mon) 11:36:23 | | [ Edit]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014/08/15(Fri) 22:15:25 | | [ Edit]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014/08/18(Mon) 09:23:48 | | [ Edit]
管理者にだけ表示

Trackback

トラックバックURLはこちら
http://kazitabonita.blog133.fc2.com/tb.php/281-2f7fd726