和室

元サッカー選手・宮本恒靖さんと私の意外な共通点      ~バルカン半島滞在記~

タイトルとおり、
元サッカー選手・宮本恒靖さんと、
私には意外な共通点があります。

070_convert_20140418205430.jpg

宮本さんと私の共通点
1977年 2月7日生まれ(37歳)つまり・・・。
生年月日がぴったり同じなのです。

(生年月日以外は、
 私との共通点はまったく見当たらないのですが・・・。)


JICAバルカン事務所が発行するバルカンレターで
宮本恒靖さんの活躍ぶりが報告されていました。
072_convert_20140418205731.jpg


以下、バルカン事務所のHPより抜粋
民族融和へキックオフ

2011年に現役を引退した宮本さんは、翌年国際サッカー連盟(FIFA)の運営する大学院「FIFAマスター」に進学し、2013年7月に修士号を取得した。修士論文に当たるグループワーク「ファイナル・プロジェクト」で、宮本さんのグループが研究テーマに選んだのは「ボスニア・ヘルツェゴビナのモスタルに、民族融和と多文化共存に寄与するような子ども向けのスポーツ・アカデミーを設立できるか」。紛争から20年近くたつ今も、民族間対立感情の根強いボスニア。中でも特に「センシティブな町」といわれるモスタルをスポーツの力で変えようという野心的な試みだ。
076_convert_20140418205647.jpg

国際協力の教育。
私のイメージでは、「理数科教育」が圧倒的に花形。
経済・社会の発展には、理数科が鍛える論理的思考力や感覚は
必須。
それから「職業教育」国の産業に直結した部分も大切にされる。

私が一番かかわってきた「美術」は、
世界の教育開発では、
「まずは、理工系OR職業訓練で途上国をサポート・・・
 余裕があったら、情操教育」

日本の学校教育でも、
「絵がうまくても、いい大学にもいけない。仕事に直結しない。
 それでも、美術を極めたいなら、お好きにどうぞ・・・」
という非常に弱い科目だ。

064_convert_20140418211323.jpg

宮本さんは元サッカー選手で、
スポーツを通じた「平和」「民族融和」を構築する教育を
目指している。


体育科教育と美術科教育の特性は違うけれど、
共通する部分もある。
私が美術科教育でやりたかったことを、
そして、美術科教育ではできないことを、
宮本さんがスポーツを通してボスニアで行おうとしている。

068_convert_20140418212637.jpg


103_convert_20140418205825.jpg

これは、同じ日生まれとして。
同じ国・地域を訪れたことのあるものとして。
これから国際協力にかかわっていくものとして。
刺激をうけたい。学びたい!
そして、活躍を心のそこから応援したい!!

079_convert_20140418211254.jpg

注:
写真は、2010年4月、ボスニア・ヘルツェゴビナの
サラエボ滞在中撮影したもの


関連記事
JICA HOTアングルに掲載された記事
ヨルダンの情操教育(音楽科・体育科教育)について
ヨルダンで出会った感動 2012

難民・紛争

0 TrackBacks
2 Comments

Comment

これはうちの旦那が読んだほうが面白いコメントが聞けるだろうけど、今は飲み会でいないから明日にでも記事を見せるよ。サッカーマニアだから(^_^;)

シンガポールに行ったとき、レストランで隣にムスッとしたおじいさんが座ってた。話しかけたくて目を合わせようとするけど、そらすの(^_^;)でも、ハロー、どこから来たんですか?って言ったら「フランス。僕は英語があまり話せないんだ」って^_^;

困った私、トイレから帰ってきた旦那に「フランスの方だって。サッカートークして(T_T)」って。旦那はフランスで有名な監督や選手の話をして、おじいさんは身を乗り出す。顔が生き生きしてきて、最後には「今日は本当に楽しかった」って。あんなにムスッとしてたおじいさんが。最後は握手を求めてきた。

その時、サッカーってすごいなあって思った。人の心をこんなに開いちゃう。旦那も相手もほとんど英語が話せない。選手や監督の名前、あとは年号とかパスとかゴール、イェーイなんてそんな単語で懐かしの名試合を語ってた。それで通じちゃう。すごいなあって。

カズエがやってたのはそれと同じことだと思う。

ああ、私もサッカーで色々語れるようになっちゃった(T_T)あんなに嫌いなスポーツだったのに^_^;今は大好きだよ。
2014/04/18(Fri) 22:53:48 | URL | にゃんずmama [ Edit]

旦那さんからのコメント。
「平和って戦争によって一瞬で終わってしまう。逆に、平和を取り戻すのは時間がかかるけれど、和さんや宮本選手のように、様々な角度からアプローチして、諦めずに根気よく続けていくことが大事だと思う。」
「宮本選手はオシム監督に影響を受けて、そういうことに関心を持ったかもしれないね」って。

私も和さんがいなかったら、こういうことに関心を持たなかったと思う。尊敬できる、大切な人からの影響ってありがたいな。
2014/04/23(Wed) 23:44:41 | URL | にゃんずmama [ Edit]
管理者にだけ表示

Trackback

トラックバックURLはこちら
http://kazitabonita.blog133.fc2.com/tb.php/265-18aab752