和室

パレスチナ・ランドデーに参加して~私とパレスチナ~ 

2014年3月29日(土)14:00~
桜花咲く渋谷区で行われた
駐日パレスチナ常駐総代表部主催
「パレスチナ・ランド・デー」に参加してきました。
20140313143208732_convert_20140330161440.jpg



繧ケ繝ゥ繧、繝・_convert_20140330153936

占領の経緯を写真で伝える
繧ケ繝ゥ繧、繝・_convert_20140330153905

私とパレスチナ。
中東の難民問題に興味を持ったのは、
20代後半です。
2010年~2012年まで、念願のヨルダン美術隊員として
ヨルダンの首都アンマンのダウンタウンに位置する、
パレスチナ難民局の女子中に派遣されました。

201209100346203fe_convert_20140330154034.jpg201209100348149da_convert_20140330154046.jpg









ヨルダン隊員としての2年間、
パレスチナ出身のヨルダン人同僚や生徒たちにどっぷり漬かり、
対イスラエルをはじめパレスチナ中心の世界、中東アラブの世界
パレスチナの今・これからについて、彼らの考えに触れてきました。

本やインターネットではなく、人を通じて感じる・考える
生の情報だからこそ、
日本で出会ったパレスチナとのギャップを
感じてしまいました。

今も引き続く、パレスチナ難民問題は、とても奥が深く、複雑です。
だからこそ、「強者:イスラエル=悪/弱者:パレスチナ=良」なんて、
スパッと線引きできないなぁと考えるようになりました。

ヨルダンにいるパレスチナ難民間や難民キャンプでも、
相当の格差があったのも事実です。
(私が出会ったパレスチナ系ヨルダン人は、成功している方が多かったです
 一方、ヨルダン国内には無国籍のパレスチナ人もいます。)

→興味のある方は、こちら。
「ナクバを超えて~未来の卵たちへ~2012年5月19日記事~」

「ナクバ(大惨事/大災厄)」とは、
1948年イスラエル建国を、パレスチナ側の視点でとらえた表現です。
47年から49年にかけてパレスチナ(アラブ)人の70万人以上が、
土地を追われて難民になった事件のことをいいます。
ナクバを忘れないように、パレスチナ難民局の学校では、
毎年イベントが行われています。

記事では、私の学校、美術の授業で描かれた
生徒たちの作品を紹介しています。

2_convert_20120519023143_convert_20140330154005.jpg120519024044df4_convert_20140330154018.jpg









ヨルダンにいる間は、中東やアラブの世界を
もっともっと知りたい・学びたい!と思っていたのですが、
帰国後、限界も感じてきました。
理由は2つです。

1:パレスチナ難民問題に携わる仕事は、
多くのエネルギーと時間が必要


→生半可な感情論では、深く学ぶことはできません。
 かわいそうだから、助けたいというのは違うと思います。
 深く・複雑で答えがみつからないのは、今も同じです。

2:アラビア語習得(フスハー)の高い壁
→読み・書きがまったくできません。

今は、自分のできる範囲で
楽しみながらイベントに参加したり、
映画や本などから、情報収集をして、楽しみながらパレスチナと
つきあっています。

それにしても、
大好きなパレスチナ方言アラビア語。
久しぶりにヨルダンのカリーマ(私のアラビックネーム)に戻ることができ、
とてもうれしかったです。
それから、マンサフやカナーフェ、ファラーフェルといった
ヨルダン料理やスィーツ、とてもおいしかった!

イベントに関わった皆様、お疲れ様でした。
楽しいひと時を、ありがとうございました。

繧ケ繝ゥ繧、繝・_convert_20140330153923

にほんブログ村 海外生活ブログ 中東情報へ
にほんブログ村
世界を伝える

0 TrackBacks
3 Comments

Comment

実体験

どんなにたくさんの本を読むより、インターネットで記事を見るよりも、実体験に勝るモノはありません。
パレスチナ難民と一緒にご飯を食べ、生活を共にしたからこそわかることってあるんでしょうね。

草の根って地道ですけど、大事ですよね。
2014/03/30(Sun) 19:46:15 | URL | るう。 [ Edit]

和さんがいなければ私は中東の文化や考えに触れることもなかったと思います。今後も関心を持っているためには、「楽しみながら」ということはとっても大切だと思う。イベントに参加することでモチベーションも、言語を使う機会も持てるしね(*^_^*)

私はすっかり海外旅行への機会もモチベーションもなくなり、英語学習への意欲・目的を失ってしまいました。でも、先生と友達なので、「話しているのが面白い」というモチベーションで今は学習を続けていられるよ。(そうは言っても限界が来そうですが)
2014/04/03(Thu) 16:47:48 | URL | にゃんずmama [ Edit]

ありがとうございました

ランドデーを主催したものです。お越しいただき、ありがとうございました。そして素晴らしい記事と写真も。一番上のチラシもそうですが、上から3番前のテントの写真、ちょっと嬉しいです。このテントは私が製作したもので、肉体的に余りに大変で、当日からどっと疲れが出てしまいました。でもこうして写真を載せてくれた人がいる事に感激です。もうすぐナクバの日ですね。また色々な動きがあるので、私のサイトもチェックしていただけたら幸いです。

またどこかでお会いしましょう。
2014/05/08(Thu) 16:43:35 | URL | Nikki Matsumoto [ Edit]
管理者にだけ表示

Trackback

トラックバックURLはこちら
http://kazitabonita.blog133.fc2.com/tb.php/262-df6fb17a