和室

ヒロシマから「明日の神話」へ

世界に出るとよく聞かれる、日本の都市名
東京の次は「ヒロシマ」

日本人である私たちは、「ヒロシマ」を忘れてはいけない
私が大好きな芸術家、岡本太郎も命を削って
次の世代の日本を創る、私たちに痛烈なメッセージを残した
『明日の神話』は原爆の炸裂する瞬間を描いた

岡本太郎、最高傑作の巨大壁画作品
関東に住んでいる方は、渋谷駅に行くと、出会える

3366535785_87a976e63c_convert_20120516015037.jpg


岡本敏子さんは
「原爆図のような、惨めな被害者の絵ではない」と紹介している

原爆で戦争を終えた日本
まっさらになった「ゼロ」の国のシンボルであるヒロシマ
どろまみれで、這い上がって、生き延びて再生した日本

きのこ雲はもくもく勢いがあり
「どん底だから、這い上がるしかない」という気になってしまう
逃げ惑う人を見て、骸骨は、カラカラッと笑っているように見える
人も魚も動物も、どんな命も同等で、儚く、また、たくましくもある

黒い雲に炎の赤、すべての人やモノを圧倒する

命ほとばしる作品

 060709_1248~01

1945年 8月6日
広島原爆投下
破壊から再生へ

http://blog.blogmura.com/tment_tbe/5734/fo2n37pr1dea
戦争と平和

0 TrackBacks
1 Comments

Comment

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/08/15(Sun) 16:11:38 | | [ Edit]
管理者にだけ表示

Trackback

トラックバックURLはこちら
http://kazitabonita.blog133.fc2.com/tb.php/22-476cbcc6