和室

ヨルダンのベプシ⇔ナチスのコーラ⇔二本松のマック ~The Corporation~

福島県二本松市安達駅(油井)近くへ行った。
コープ・フクシマの中にマクドナルドがあって、
本屋さんには、ドトールコーヒーがあるという噂を聞いたから。
繧ケ繝ゥ繧、繝・_convert_20130503224833

確かめに行って、
マックポテトを買って、嬉しくなって、「安心」した。
二本松にも、マックとドトールがあったから。

これぞ、企業の思うツボ!
私たちは、知らないうちに、見えない力にコントロールされている。
頭も。体も。心も。

「ザ コーポレーション」
サラエボ人友達スーレマンに勧められ、東京で3回観た。
一度は、スーレマン主催の勉強会で上映され、
国連大学の先生も招いてディスカッションを行った。
繧ケ繝ゥ繧、繝・_convert_20130503224920

以下抜粋☟
【解説】
アメリカ企業を中心とした
グローバル化の波が世界を覆い尽くそうとしている今日、
個々人の集合体であるはずの“企業”という存在が
いかなる行動原理に支配され、
我々の社会、そして地球にどのような影響を及ぼしているかを、
ユニークな視点から分析した異色ドキュメンタリー。

アメリカ式グローバリズム、そして、自由経済の弊害。
今、企業の犯している様々な犯罪、非道徳的な所業や罠が
数々の事実からポンポン軽快に、暴かれていく。
出てくる出てくる。聞いたことのある有名企業やブランド名、。
ボリビアの水道民営化、
ホンジュラスの労働搾取、遺伝子組替え作物などなど。

繧ケ繝ゥ繧、繝・_convert_20130503224849

思うつぼといえば、世界中で飲まれているコカコーラやファンタ。
ヨルダン人も大好きで、ペプシ(ヨルダンではベプシ)や
コカコーラなどの炭酸飲料を夏の暑い日にガンガン飲む。

繧ケ繝ゥ繧、繝・_convert_20130503224905

14:10~ 
映画監督 マイケルムーアの言葉より
20世紀最大の封印された話といえば、
独ナチスと米企業が共謀していたという話だろう。
最初は米企業がドイツを再建し初期のナチスをサポートしたこと
次に、戦争の筋書きを作ったこと
コカコーラは存続が危なかったので、
ドイツ人のために「ファンタオレンジ」を発明した。
この発明でコカコーラは利益を守れたんだ

ファンタオレンジは、ナチス御用達なのさ。
何百万人と死んでいる時に、ファンタで富を稼いでいた。」



戦場へ人々を送りだす利権と軍需産業は
ナチスの時代も、イラク戦争のときも、
それから、今のシリアの状況も似たり寄ったりだ。
「化学兵器を使用としたとする未確認の主張」をしている
って。

また!?
10年前、イラクでも同じ話聞きましたからね。
ちなみに、その時、日本もイラク戦争支持しましたよ。
さらに、その時に発生したイラク難民は、今でも
ヨルダン国内で苦難の生活を強いられていますからね・・・・。
繧ケ繝ゥ繧、繝・_convert_20130503224807

アメリカ的グローバリズムに、絶対反対!!
でも、もしアメリカ製品不買運動があっても、参加しないだろうな。
マックのてりやきバーガーが好き。ケンタッキーも好き。
どこかでコントロールされているのかな。

福島県二本松市にマックやドトールがあって安心するわ、
ケンタッキーもスタバも大好きだわ・・・で、
悔しいけれど、先進国「企業」の思うツボ。

にほんブログ村 海外生活ブログ 中東情報へ
にほんブログ村
世界を伝える

0 TrackBacks
0 Comments

Comment

管理者にだけ表示

Trackback

トラックバックURLはこちら
http://kazitabonita.blog133.fc2.com/tb.php/207-7c66320f