和室

ヨルダン・アジュルンの短い春を彩る花たち⇒福島県岳温泉の春へ

4月に入りましたね。
みなさんの国・地域の気候はどういった感じでしょうか?

こちら、今週(4月9日)の通勤風景。
桜のつぼみに、雪がチラつき初め、あたりは銀世界!!

130411_213137_convert_20130412221512.jpg
空の青と朝の光。
のんびり春の訪れを待つ木々の芽と、
2013年最後、雪の見納め。
同じ日本なのに、
東京、鹿児島、岡山、福島、ずいぶん違うもんです。

20127124829_1_convert_20130412221257.jpg


さて、ヨルダン。
3月~4月一瞬の春(1カ月半)。
第一ステージ:軽い夏
第二ステージ:日本みたいな夏
第三ステージ:本気の夏
第四ステージ:さっさと終わってほしい夏
第五ステージ:まだまだ終わらない夏・・・という夏シリーズが、
3月下旬から10月まで続きます。

夏が長い分、ヨルダン人にとっても私にとっても
春はとっても待ち遠しいものです。
また待ちに待った短い春を、
思いっきり楽しむヨルダン人たちがたくさんいます。

春といったら、ピクニック。

今回紹介する写真は、
ヨルダン北部の町「アジュルン」で撮影されたものです。
日本人にとっては、「なんだ、これ?雑草?」と思われるかもしれませんが、
緑が少ないヨルダン、春がとても短いヨルダンという国にとって、
こういった小さな道端の花々は、
春の訪れを感じる風景の一つなのです。

ヨルダンの短い春に咲く、小さな花たち(名前はよくわからないのですが…)を
お楽しみくださいね。

サクラソウの仲間なのかなぁ?
20127124829_2_convert_20130412221321.jpg

アネモネ
20127124829_3_convert_20130412221349.jpg

アザミの種類は多い
20127124829_4_convert_20130412221410.jpg

オオイヌノフグリに似ている
20127124829_5_convert_20130412221429.jpg

雪といえば、
神奈川県のクラスの子供たちは大騒ぎ。
「雪合戦でワイワイ!」
「かわいい雪だるま作りたいね!」
「ホワイトクリスマスにお正月!」
白い雪がちらつくと、ウキウキ・ワクワクなのです。

福島県安達太良山の麓に住んでいる人たちにとっての
「雪」は、わ~~い!!雪だ~!なんて、
甘っちょろいもんじゃありません。

ちなみに、雨といえば、
雨の多い国日本にとっては「憂鬱」ですが、
雨の少ない国、ヨルダンにとっては「アラーの恵み」です。
「わーーい!!雨だ~~!」
「ヘルゥヘルゥ!(素敵・素敵!)」と、
傘もささずにはしゃいでいるのです。
日本、世界、九州、東北。
所変わっては、気候に対する意識も変わるもんですね。

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

ヨルダン生活

0 TrackBacks
0 Comments

Comment

管理者にだけ表示

Trackback

トラックバックURLはこちら
http://kazitabonita.blog133.fc2.com/tb.php/204-be6b411a