和室

アンマンでジャーナリストの池上彰さんとお会いした日-2011年7月ー

青年海外協力隊としてヨルダンに派遣された二年間、
美術科教育以外にも、たくさんの出会いや学びがありました。
普段の生活では、なかなかお会いするチャンスがない著名な方々に
お会いしてお話しを伺うこともできました。

2011年7月にイラクへ取材に来られていた
ジャーナリスト池上彰さんも、その一人です。
パレスチナ難民局で働いているJICAボランティアとも
一緒に、話ができたら・・・ということで、
私も参加させてもらいました。

私にとって池上さんの印象は、穏やか+ホンワカ。
あんなにすごい人だけど、うちの近所に住んでいそうな
NHKの子どもニュースお父さんという感じです。
池上彰さんとお会いした直後、当時のイラク難民友人との出会いを
以下の言葉で書き残しています。

2011年7月21日記事「ヨルダンに生きる人たち」より
「パーソナル(個人的)な思いを受け入れる。共感する。
そういった出会いの小さなパーツを、集めていくことで、
ジェネラル(一般的)になる。
個を追求すれば、公に通じる。」


 さて、アンマンで池上彰さんとの出会いを経た2年後、
 おとつい2013年1月4日、6時半~9時、
「2013年の世界情勢と日本の未来を伝える」というテレビ番組から、
 池上彰さんが届ける世界を、眺めていました。
 ブラウン管の向こう側に映し出される、アンマン市内。いつも聞いてきたアザーン。
 学校帰りの通り道を、ハッタとよばれる男性用のスカーフを被った池上さんが歩き、
 懐かしく思い出していました。
 ヨルダンの北部にある難民キャンプからシリア情勢を伝える内容が放映されました。

シリア関連 2011年10月25日記事「シリアの今」
「世界中の人たちが、 
 日本でおこった震災や津波、工場爆発の映像を見て、衝撃を受けるのと同じく
 シリアでおこっている軍・治安部隊による虐殺映像に 大きな衝撃を受ける 

 国際社会で 社会の流れが変わる時 たくさんの血が流されてきた
 今のシリアには 大きな政府に抗えない たくさんの犠牲者がいる
 今の日本にも 大きな政府に抗えない たくさんの犠牲者がいる

 とりかえしのつかない過ちが、どの時代にも どこの国でも繰り返されている」

縲仙柱螳、縲代す繝ェ繧「縲€・抵シ撰シ托シ点convert_20130105103400

「政府軍VS反体制派」
 シリア情勢を悪化させる背景や要因にまで触れられず、
 解説される内容に、多少、違和感を抱きました。
 でも、「伝える」という上で、影響力のある方が、メディアを使って放映する意味は
 あると思います。
 シリア人のお母さんが「取材に来てくれてありがとう」という言葉に
 私も胸をうたれました。

小さなイベントにも、意味を見出し
新聞・ラジオ・ネット・テレビの報道で取り上げてくださっている
方々へも、感謝。
繧ケ繝ゥ繧、繝・_convert_20130105103321

嬉しかった反響は、
美術科教育というつながりで友達になった、
岡山市のお絵かき教室の先生である友人の行動です。

友人のHP「子ども絵画コンクール&公文式子育て法」
素敵なヨルダンの子ども達の笑顔と作品に会いに行こう♪
http://blogs.yahoo.co.jp/reikos_abc/40309141.html

その日流れていた、シリア難民関連ニュース番組を撮影し、
ブログにUPされたことに、びっくり。感銘を受けました。
ブログの言葉より
 「ここはシリア内戦から逃れてきた人々が暮らしています
 とても寒いそうです
  難民キャンプの子ども達の笑顔の裏柄には過酷な現実があるのです
  どうか明るい未来が訪れますように


 こうやって、彼女が目の前の人たちへ、ご自身の言葉と写真を使って
 紹介してくださっていることは、
 池上彰さんの伝えるニュースよりも、意味があると思います。

 中東情勢や国際協力、アラビア語やイスラム教の専門家でなくても
「少しだけ思いを馳せること、想像力をめぐらせること」は、
 誰でもどこでもできることです。

018_convert_20130105103445.jpg2013年は、どんな年になるのかな。
なんだか、わからないけど、目の前が開けていて
ワクワクします。

鹿児島大学の美術+社会の学びを原点に、
神奈川の教員生活11年間で
同僚や教員仲間が育ててくれた経験、
離任式で生徒たちが流した
別れの涙を無駄にしない。

ヨルダンに生きた二年間を、さらに深め広げたい。

私もあなたも、昔も今もこれからも、
つながる・つながる・どんどんつながる。
一人ではなく、多くの人たちと交流しながら、楽しんで一緒に考えていきたい。


2013年も、どうぞよろしくお願いします。

宣伝:HP倉敷市役所国際課
http://www.city.kurashiki.okayama.jp/dd.aspx?itemid=58683#itemid58683
1月20日倉敷でカオリンと行うヨルダンセミナー
倉敷市役所の方には大変お世話になっております。

繧ケ繝ゥ繧、繝・_convert_20130105103344

繧ケ繝ゥ繧、繝・_convert_20130105103510

この広告も国際課の担当の方が作ってくれました!
次回は、倉敷でヨルダンを楽しみましょう!

にほんブログ村 海外生活ブログ 中東情報へ
にほんブログ村
世界を伝える

0 TrackBacks
3 Comments

Comment

1/20 ヨルダン報告会参加します!

ぶち姐へ
本記事に感銘を受けました!
報告会、参加申込みしたよ!
こんど倉敷で会いましょう!
発表などなど楽しみにしてます!
2013/01/05(Sat) 13:59:22 | URL | 講ちゃん [ Edit]

中東を日本に知らせる親善大使

池上彰さんのことだけではなく、ぶち姐のことでもありますよ。1月20日もご盛会を願ってます。

2013年、引き続きよろしくお願いいたします。
2013/01/06(Sun) 01:18:56 | URL | Diet [ Edit]

さあ!気合いを入れて!!

新しい年の幕開けです。まさしく和さんの年。もしかして人生の中で一番充実した年になるかもしれません。家族の愛情に包まれた幼い日々、はじけていた学生時代、多くを経験した相模原時代、そして世界を感じたヨルダンでの2年間。それらすべてを和さんの力として・・・今年もブログ楽しみにしています。
2013/01/06(Sun) 12:13:28 | URL | 月の砂漠 [ Edit]
管理者にだけ表示

Trackback

トラックバックURLはこちら
http://kazitabonita.blog133.fc2.com/tb.php/182-2cc959ca