和室

毎日を記念日に

「私には、目標があります。
「毎日を記念日にする」という目標です。
今日は、私にとって半そで記念日です。
だから、朝から半そでなんです!!」

繧ケ繝ゥ繧、繝・_convert_20121223222521
12月18日 愛媛大学の社会科教育1時間目
40人くらいの学生たちが、8:30に教室へ集まり始めました。
家庭科・技術・数学・理科・社会科などを専攻しはじめた大学2年生。
はじめに、自己紹介をしてもらうことにしました。

はまっているゲーム、マンガ、ホラー映画、小説、
ラクロス、ボート、空手やサッカー、
バントの練習、世界史、語学の勉強、
料理、ダイエット、女子力、チロルチョコ研究
深夜料金がでないバイトの悩みから、
出席日数が足りないけれど、今、この講義の単位取得の懇願まで。

自動車免許をとってドライブしたり、
恋愛に夢中だったり、新しいサークルに入って交友関係を広げたり。
バイトで社会の苦労を味わったり
本やゲームや映画など興味のあることに没頭できる
とても有意義な時間だということが、
一人ひとりの自己紹介から伝わってきて、実に面白いものです。

最初に紹介した「毎日を記念日にしたい」というのは、
その自己紹介の一コマでした。

サークルや恋愛、学問やバイトのことではなくて、
「毎日を記念日にする」という目標。

愛媛の松山といえども、冬の朝は冬の朝。
決して、温かい日ではなかったのです。

だから、彼女を見た時、
とても暑がり?南国出身で冬服がないわけないだろう。
とにかく、
こんな寒い日に、半そでとは、よほど変わった子だな。
と、思ったものです。

「毎日を記念日にする」という目標のために、
寒い冬の日に、朝から一日中半そでに挑戦。

ヨルダンに2年間住んだ私も、そんな発想は、ありません。
愛媛大学の学生に完敗!恐れ入りました。
繧ケ繝ゥ繧、繝・_convert_20121223222540
繧ケ繝ゥ繧、繝・_convert_20121223222558

「苦手な先輩(同僚)に声をかけ、お茶する記念日」
「いつもは車通勤だけど、バスで学校へ行く記念日」
きっと記念日のためには、どんな小さなことでもいいのでしょう

他人には「なんじゃそりゃ?」と思われるようなことでも
日々、小さな目標を決めて、楽しみながら行動する。
半そでの彼女から、
とても前向きで、アグレッシブなパワーをもらいました。

話は変わりますが、この記事は、
ポーランドのアウシュビッツ収容所を訪れた時のことです。

2011年4月23日「アウシュビッツ収容所から『生きること』を考える」
http://kazitabonita.blog133.fc2.com/blog-entry-37.html

あの過酷な環境で、生きのびることができた人たち、
きっと、彼らにも「毎日を記念日にしよう。」という
前向きな気持ちがあったのではないでしょうか。

どうか、半そでの彼女のような学生が生き生きと力を発揮できる
社会でありますように。
そして、半そでの彼女が、風邪をひきませんように。

「毎日が記念日」の関連記事
2011年5月26日「革命について」
http://kazitabonita.blog133.fc2.com/blog-date-201105-1.html

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
未分類

0 TrackBacks
0 Comments

Comment

管理者にだけ表示

Trackback

トラックバックURLはこちら
http://kazitabonita.blog133.fc2.com/tb.php/179-b6e50f44