和室

何を学び 感じ どう伝えていくか ウガンダ編

2008年8月ウガンダ―ジンジャ
uganda6.jpg
ウガンダでは、協力隊員にお世話になっていた。
埼玉の現職制度で参加していた、小学校教師の友人。
ジンジャという小さな町の孤児院が、彼の活動先。
年中無休で子供たちの教育活動にあたっていた。

2009年10月神奈川県相模原市
豊橋の体育隊員、ゾノ。
彼もまた、私たちのウガンダ滞在をサポートしてくれた。
uganda zono

ウガンダの旅を終えた私は、
任地で活動中のウガンダ隊員と連絡をとりあい、
アフリカを紹介する授業を行った。
1年目はウガンダ紹介、保護者にも授業参観で公開した。
2年目は帰国したゾノがゲストティーチャーとして
私の勤務校に来て授業を行うことになった。

ゾノの住んでいる愛知県豊橋市―私が住んでいた神奈川県相模原市。
隣町ではない。
それでも全国各地をかけまわり、講演や授業を行っていた。
そのエネルギーの源とは、
アフリカウガンダで、自分の野球チームで
ウガンダの生徒たちから学んだこと、教えてもらったこと
伝えたいことが、たくさんある。

聞いてくれる人たちがいるのなら、
日本中どこへでもでかたい


私たちはまず授業準備を綿密に行った。
私の学校、地域の特色、児童たちの様子、
6年生の授業では何をテーマにして、どう伝えるのか

児童に伝えたいことは、
ウガンダの生活が、いかに大変だったとか、
任地の野球チームがどうのだとかではない。

ウガンダの生活の中で、何を学んだか、
活動の中で、どう自分が感じてきたか、
6年生(120人)にわかりやすく伝えることだった。

まずは私が事前授業を行った。
ウガンダの生活、食べ物、都会・田舎の様子、協力隊のことを写真やビデオで紹介。
事前授業後の感想・質問を集め、また対策を練る。
uganda4.jpg
uganda2.jpg
uganda1.jpg

「ウガンダの食べ物で一番おいしかったものは何ですか?」
「アフリカの隊員って、すごいなぁ。」
「水や電気があまりないところで、日本人のボランティアが活動するというのは
とても大変だと思う」
「日本人とアフリカ人は、野球はどちらがうまいんですか?」

海外に出ているから「すごい」というわけではないよ。
ましてや途上国で働くから「えらい」ということでもない。
今日、あなたの朝ごはんを準備してくれた家族の人たち、
あなたの隣で一緒に過ごしている友達、
一人ひとり、意味があり価値のある生き方をしている。
ボランティアとは、
今のあなたが、自分の立場で、今できることに最善を尽くすこと


先進国より途上国の方が、大変そう・辛そうというのは間違い。
例えば、
アフリカは日本より、電気・水道の事情が悪いかもしれない。
物だって、日本よりも少ないかもしれない。
でもね。ウガンダの人たちは、
そこにあるものに感謝しながら、明るく、幸せに生きているんだ。

アフリカにはアフリカの、日本には日本ならではの問題がある。
そして、いいところがある。
物が「ある」「ない」では、決して測れないんじゃないかな。

日本の良さは、周りのことを考えて行動していること。
ルール・順番・時間を守る国民性は、あなたたちも育っているよね。

ウガンダに行って、すべてのことに感謝するようになった。
家があって、ご飯が食べられる。
学校に行けて、友達もとなりにいる。
そういう当たり前の毎日は、とてもかけがえのないものなんだよ

ウガンダの人たちは、毎日たくさん挨拶をしていたよ。
挨拶をすることで、人との距離が縮まるよね。
そして誰にだってできる。

家族は、みんな協力して、助け合って生きている。
優しさ、思いやり、どこにいたって大切なことは同じだよね。
uganda5.jpg



3カ月後の私は日本にいる。
「ヨルダン生活、楽しかった、面白かった。
 ヨルダン料理、美味しかった」ぐらい、
誰でも思うし、誰だって言える。

ヨルダンの生活を通し、何を感じ、どう考えたか、
この2年間も、残りあと3カ月。
元ウガンダ隊員が、私の学校で
今の自分」について、考えるきっかけを与えてくれたように、
ヨルダンの貴重な時間を、大切な人たちと共有していきたい。

uganda kazu
アフリカ

0 TrackBacks
3 Comments

Comment

ありがとう

考えをシェアしてくれて、ありがとう。
あれが、カズゥの協力隊へのスタートだったんだよね。
もう、帰国時期になっているとは。
早いね。
来年はガーナへの旅かしら?
どうぞいらして。
ウガンダほどのショックはないけれど、ガーナからも学べることはあるはず。

私はここで何を学んでいくのかな。
すごく楽しみです。
忘れたくないから、毎日ブログ書いて自分の気持ちをまとめているけれど、そから一つの考えでももてるように、深めていきたいんだ。
そのためには、情報収集も懸命にやらなきゃね。
それでなくても、情報は少ないから。

いつかは、中東にもかかわりたい、です。
そう思わせてくれたのは、カズのおかげ。

またたくさんシェアしてください。
2012/07/11(Wed) 05:53:31 | URL | migiwa [ Edit]

ガーナの活動がんばって!

MIGIちゃん、おつかれ。

ガーナのブログ、どきどきしながら
楽しく読んでいます。
頑張って!アンマンからエールを送るよ。

こちらのブログといえば、暇人のブログ。
隊員の活動でもなく、ヨルダンのことでもなく。
私の小さいころから今までの、あれやこれや。。

教員時代には、どうしてもできなかったことのひとつ。
毎日のつぶやきより、漢字スキルの○つけや、成績処理、特活やら、そのほかもろもろじゃない(笑)

インプットはさんざんできるけど、表現することは、余裕がないとできない。
→OUTPUTを、時間のある今、やっておきたかったんだよね。

だから、ウガンダのことも、アフリカのこともひっくるめて、思いだしたことをつぶやいてます。
ところでさ、アフリカ大陸は私にとって、
とっても魅力的な場所。
もっと知りたいことがたくさんあります。
アートハンターだから、アフリカの芸術もね。

ガーナ行き、楽しみ。
こちらはね、なんと、麻由美さんが遊びに来てくれるよ!!!

また、ガーナのブログ、おじゃましますね。
2012/07/11(Wed) 06:09:44 | URL | 和 [ Edit]

和さんと赤ちゃん

和さんと赤ちゃんの写真。いいですね~。だっこの仕方が自然です。赤ちゃんも和さんを信頼しているのが伝わってくるまさに平和そのものの顔です。赤ちゃんの未来に平和と希望を!!
2012/07/11(Wed) 18:34:40 | URL | 月の砂漠 [ Edit]
管理者にだけ表示

Trackback

トラックバックURLはこちら
http://kazitabonita.blog133.fc2.com/tb.php/141-650c95ea