和室

アンマンの夕日

日本で働いていた頃は、職員室の窓が夕焼け色に染まっても、
窓の外をゆっくり眺める時間なんてなかった。
太陽がいそいそとのぼり、あっという間に落ちていく。
気づかないうちに夜になり、またたく間に一日がおわっていく。

一方、ヨルダン。わりとのほほんとしている。
朝も夕方も、静かに手をとめてぼんやりする時間がたっぷりある。
2012699251_1_convert_20120623042755.jpg

窓の外からぼ~んやり太陽が落ちる様子を眺める。
町がゴチャゴチャしているからか、
それらがシルエットとなるヨルダンのアンマンで見る夕日。
東京の町田で見る夕日と少しだけ似ている。

さて、日本とヨルダンの夕焼けの違いがあると聞いた。
赤い夕焼け空/日本」「淡いオレンジ色の夕焼け空/ヨルダン」
この違いは、「じめじめ」か「からから」ということらしい


今、日本は梅雨のシーズン。
でも、こちらはほとんど雨が降らない。
水蒸気が少ない乾燥した地域は、
太陽光の短い波長があまり散乱しないという。

だから、赤い夕焼け空ではなく、
淡いオレンジ色の夕焼け空に見えるということだ。

さて、金曜日の一日。イスラム圏の休日。
遠くのモスクから聞こえるコーランが、この夕日にピッタリと心地よい。
明日から新しい一週間が始まる。
ヨルダンの生活を大切にしよう。

2012699251_2_convert_20120623042846.jpg撮影:48G
未分類

1 TrackBacks
3 Comments

Comment

夕焼け

夕焼け空ってすてきですよね。刻々と表情が変わっていくから、その一瞬を逃さないように、写真に残したくなります。
日本と違う色…確かに!
忙しくても、夕焼け空を眺める心のゆとりをもちたいと思います。
2012/06/24(Sun) 22:31:49 | URL | ぽすか [ Edit]

海も空も同じ地球なのに、国や場所によって違いがあって素敵です。自分の心の在り方でも大きく違ってくるんですね。現役を卒業して、今はたっぷりの時間がある私なのに、なぜか空の美しさを感じることを忘れていました。アンマンの夕日のオレンジが本当にきれいです。きっと相模原の夕日も美しいはず。明日から、もっと自然に目をむけようっと。
2012/06/27(Wed) 21:39:55 | URL | みなちゃん [ Edit]

自然の中で

夕焼け、うつくしいですね~。心が和みます。そして両手を合わせている自分にふと気がつきます。穏やかな御宿の海と夕焼けをみていると、この同じ海が牙をむいて津波となって押し寄せてきたんだと、やはり東日本大震災に思いはいきます。地震や津波で甚大な被害を受けられた方々が、前を向いてたくましく頑張っておられる姿をテレビが伝えていました。しかし、福島原発で故郷を後にした方々は、いつ戻れるか先の見えない生活をしておいででした。自然から受けた被害と原発の被害とでは、故郷に戻れるか戻れないかという大きな違いをつき付けられたようです。しかし、日本は今原発再稼働にむけて大きく舵を切ろうとしています。海外へも原発を輸出しようとしています。どうも最近ばっちゃんはぐちっぽくていけません。アンマンの美しい夕焼けとはあまりにかけ離れたコメントでごめんなさい。
2012/06/29(Fri) 10:34:04 | URL | 月の砂漠 [ Edit]
管理者にだけ表示

Trackback

トラックバックURLはこちら
http://kazitabonita.blog133.fc2.com/tb.php/136-0635079d

まとめtyaiました【アンマンの夕日】

日本で働いていた頃は、職員室の窓が夕焼け色に染まっても、窓の外をゆっくり眺める時間なんてなかった。太陽がいそいそとのぼり、あっという間に落ちていく。気づかないうちに夜になり、またたく間に一日がおわっていく。一方、ヨルダン。わりとのほほんとしている。朝も...
2012/06/24(Sun) 18:03:08 | まとめwoネタ速neo