和室

ヘルゥな髪は、ミン アッラー

「シャァーリック ヘルゥ~!」

今日は、髪の毛を下ろして登校。
寝坊して、髪をとかすのも忘れてたから・・。
ところが、どっこい!生徒・同僚のあちこちで、絶賛の嵐!!

P1010252_convert_20120526211726.jpgこの意味は
「あなたの髪の毛、
素敵!!」

ヨルダンでは、私のような黒髪は、とても少ない。
ヨルダンの生徒は私の黒髪を羨ましがり、日本人は生徒のような茶髪カールに憧れる。

とにもかくも。黒髪+黒い瞳は、アジアンビューティー。
ヨルダン人にいわせれは、
神からの贈り物「ミン アッラー」

みんなが羨むストレート黒髪を手に入れる努力?!
ない、ない!ヨルダンに来て、髪の手入れは適当。
リンスを使ったことない。ヨルダンでの美容院は、年間1回、500円。

日本では、茶髪だった。一か月に一回の美容院。
カラーリング+カットで11000円くらい。
「髪が黒すぎて、重く見えます。」
「髪が太すぎるため、パーマ液が入りにくいですね。」
と、私の黒髪は不好評だった。

これまでアフリカ、中米、アジアなどに足を運んだが、
世界どこの国でも、茶髪+パーマを褒められたことはない。

2008年8月ケニアのマサイ村訪問の様子
R0010190_convert_20120526212037.jpgR0010164_convert_20120526213119.jpg








マサイ村の女性は美しい。無理のない化粧。自分の生活に見合ったオシャレ。
風土に溶け込む、マサイの母が持つ美。

R0010158_convert_20120526212241.jpg女の子たちの髪は、クルクルヘアーで黒肌に合い、
とってもキュート

ヨルダンに生き、
日本の外から眺めると、
韓国も中国も台湾も、
似たような顔になり、ちょっとつまんなくなってきた。


今までは、中国、韓国、台湾、日本人と顔は同じだけど、
化粧の仕方も違えば、流行も違っていた。
韓国在住の韓国人は韓国っぽく、中国在住の中国人は中国っぽく。
それぞれの国にあった化粧、流行やオシャレがあったはずなのに。

あるファッション雑誌に載っていた日本人女性のたち。
同じメイク、同じポーズで同じ顔で、なんだか少しむなしくなった。
これじゃぁ、老いも若きも、女性雑誌をモデルとしたコピー人形じゃない!
R0010145_convert_20120526211918.jpgR0010325_convert_20120526211959.jpg
「神から」ミン アッラーのオシャレの秘訣。
その1:美容師のいうことを、鵜のみにしないこと。
その2:女性ファッション誌
(青い目、茶色の目にみえるようなカラーコンタクト、
若ければわかく見えるほどいい⇔幼い顔に見えるメイクアップ)の
キャッチフレーズに、流されないこと。


日本、ケニア、それからヨルダン。世界中の女性友達たちへ。
流行を取り入れつつ、今の生活、年齢、今の自分にあった、
おしゃれを楽しみましょうね。

R0010132_convert_20120526211827.jpgアフリカ大陸
ケニア・ナイロビからドライブ
2008年8月

大地溝帯(だいちこうたい、グレート・リフト・バレー、Great Rift Valley)を臨む
大地溝帯とは、アフリカ大陸を南北に縦断する巨大な谷
未分類

0 TrackBacks
3 Comments

Comment

幾つになっても

幾つになっても身の丈にあったおしゃれを追求したいものです。白髪を上手にいかしている方、栗色に染めて若々しくまとめている方、しっとりした肌を保っている方・・・。いずれの方々も自分をよくご存じでしっかり自己表現なさっておられます。私は、とりあえず背筋を伸ばして歩く事を目標にしました。和さんのまっすぐのびた黒髪素敵です。
2012/05/30(Wed) 18:47:12 | URL | 月の砂漠 [ Edit]

懐かしい

共小で一緒だった大和田です。
覚えていますか?
昨日皆川さんと遅くまで話していて、昔の話になり、このブログを教えてもらい、
初めて見させてもらいました。
とっても真摯な姿勢に背筋が伸びました。
それに日本の裏側で元気に頑張っている様子が分かり、ホッとすると同時に懐かしさがこみ上げてきました。これからも時々見させてくださいね。
それと、
私も2年ほど前から千明さんと東海道を歩いていて、それをブログにまとめて載せたりしています。時間があるときにどうぞ来てくだい。

2012/06/02(Sat) 17:48:39 | URL | wakuwaku [ Edit]

ワクワクな毎日は共和から

大和田先生こんにちわ。さっそくブログに立ち寄らせてもらいました。
共和にいるころは、とってもお世話になっていました。
あの頃、とっても楽しい毎日があって今があるという感じです。
大和田先生はじめ、読書家が多い学校でしたよね。私もたくさんの本を読み始めたのが共和でした。
共和でINPUTインプット、ヨルダンでOUTPUTアウトプットという感じ。だから、今書いている文章も、共和で感じたことと、かな~りつながっています。

ではでは。
また、ワクワクさんのページに立ち寄らせてくださいね!!



2012/06/03(Sun) 04:08:37 | URL | 和 [ Edit]
管理者にだけ表示

Trackback

トラックバックURLはこちら
http://kazitabonita.blog133.fc2.com/tb.php/130-0852c9f2