和室

ナクバを超えて~未来の卵たちへ~

ヨルダン、日本にかかわらず、あらゆる地域で
学校やテレビをはじめとするメディアから
新しい情報や知識をシャワーのように浴びている子供たち。
彼らこそ、未来を択く、パワーそのものです。

「過去・今の事実」を伝える際、
下手にころぶと、とんでもない方向にいきつきます。
上手にころぶと、未来を拓く原動力につながります。

私の学校で先週行われた「ナクバ(大惨事)」のイベントです。
テーマに描かれた絵や、歌・詩の暗唱の様子を通し、
考えたことをお伝えします。

ナクバ(大惨事/大災厄)とは、
1948年イスラエル建国を、パレスチナ側の視点でとらえた表現です。
47年から49年にかけてパレスチナ(アラブ)人の70万人以上が、土地を追われて難民になった惨事のことです。
115_convert_20120519023518.jpgイスラエル独立宣言(5月14日)の次の日が、ナクバの記念日。
今年は64周年記念です。

生徒たちが「ナクバ」をテーマに、描き始めます。
繧ケ繝ゥ繧、繝・_convert_20120519023805
繧ケ繝ゥ繧、繝・_convert_20120519023709


破壊をされ祖国を追われたパレスチナ人の悲しみ、
実際、今も占領は続き、
占領区に生きるパレスチナ人たちは最低限に生きる権利を奪われています。
決して許されることではありません。

そういった、過去から続く、悲しみや苦しみを、
ヨルダンパレスチナ難民局の学校現場では、繰り返し伝えています。
苦しみ・悲しみ・不安・怒り・やるせなさ・悔しさ・・・。

今年の「ナクバ」イベントでの発表会。
朗読をしながら、涙を流す生徒もいました。
歌っている時の体全体を使った表現力といったら、圧倒されてしまいます。

こちらの絵は、学校入口玄関に貼られました。
繧ケ繝ゥ繧、繝・_convert_20120519023833


ブルドーザーで占領していく絵、
家に勝手に侵入し、イスラエル兵がパレスチナ人を殺す絵
涙で溢れるパレスチナの旗、エルサレムの岩のドーム・・・。
鍵を持っているのに、中に入れず追い出されたままの人たち。

一方、生徒の作品に表現されている風景は、
彼女たちや彼女の親が実体験したものではありません。
1948年代の難民ですから、生徒や同僚達は、第4、5世代。
ヨルダン生まれのヨルダン育ち。

エルサレムの「岩のドーム」や、
イスラエル兵を見た生徒は、まずいないでしょう。
戦車も鉄砲も、知りません。
今のヨルダン・アンマンでこういった風景に出会うことはありません。
これらはすべて教育と情報で培われたイメージです。

日本人の私で例えると、原爆を体験していないけど、
「反原発」「戦争反対」をテーマに、
原爆のきのこ雲を、フリーハンドで描けることと似ています。

042_convert_20120519023143.jpg
イメージは、
情報・教育
・家庭の中で
作られます。







「イスラエル=悪=卑怯/ パレスチナ=良=同情」
「いじめられている側に同情」は、世界でも一般的だと思いますし、
私だって、パレスチナ寄りです。

でも、
「いじめられていることは絶対、許せない。絶対、忘れない。
いじめた相手は過去も今もこれからも、悪であるのは変わりない。」
というのであれば、いつまでたっても堂々巡りじゃないかなぁって思います。

アジアも中東も、世界中どこの国も
近い将来を考え、遠い将来を創るマスメディアであってほしい。
未来を拓く教育であってほしい。

彼女たちが表現する「悲しみの過去」「苦しみの今」の作品を見ると、
そう願ってやみません。

イスラエルの地には、
パレスチナ人から一方的に土地を奪い、私腹を肥やしている人が
たくさんいると思います。
でも、今の日本にもいて、どこの世界にもいるもんです。

いくら騒いでも、わめいても、イスラエルでの占領が続くのであれば、
ユダヤ教徒が悪いとかではなく、力のバランスの問題だと考えています。
イスラエル政府が行っている攻撃が非人道的だからと言って、
そこに生きる人たち全員が悪いとは決していえないことを、断言します。

裏を返せば、
パレスチナ人の現状を変える、一番身近なエネルギーの源は、
占領地にいる隣人、つまりイスラエル人じゃないかと、私は信じています。
ユダヤ教を信じる人がたくさん住んでいる
アメリカ、イスラエル以外の国にも、
世界に訴えるパワーがたくさん潜んでいることでしょう。

それと同時に、私が大きな可能性を感じる存在が、
目の前にたくさんいます。
ヨルダンにいるパレスチナ人たちです。
ヨルダンでは過半数、アンマンでは7割以上がパレスチナ人という、
この国のマジョリティーの人たち。


ヨルダンで出会うパレスチナ人たちは、教育をとても大切にしています。
他者へ自分の考えを発言する力、感情を真っすぐに訴える表現力は、
日本人よりも高い気がします。

繧ケ繝ゥ繧、繝・_convert_20120519023639


高い教育を受けたヨルダン国籍パレスチナ人。
ヨルダンをはじめ中東、世界での生活、活躍を通し、
「イスラエル」の中にある祖国の人たちのため、
何を大切にし、最優先にし、どのように伝えていくか、
平和な社会をつくるために、何を変えていくか、
そのために、自分がどう働きかけることができるか。


幼稚園から小学校まで、広島で平和教育を受けた私が、
大学時代、日本・韓国・アジアでの戦争に対する歴史観に触れ、
今、ヨルダンで未来の卵たちと、真剣に向き合う時間。
これもまた、とっても小さいけれど、小さな一歩かもしれません。
ナザール女子校の生徒たち、同僚のみんな、考えるきっかけをありがとう。

繧ケ繝ゥ繧、繝・_convert_20120519023739

注)
ヨルダン北部ジェラシュには、ガザキャンプとよばれる第三次中東戦争(1967年)に、ガザ地区から移動してきたパレスチナ人たちがいます。彼らは、ヨルダン国籍をもたないパレスチナ人で、依然としてヨルダン国内で、困窮した生活を強いられています。
未分類

1 TrackBacks
5 Comments

Comment

感想

かずぅの今の気持ちがよくわかったよ。
整理して載せてくれて、どうもありがとう。
とっても貴重な情報です。

この問題は、本当に難しいよね。
もっともっと私自身調べなくちゃってすごく思いました。

それで、思うことなんだけど。
教育力・情報力の影響の大きさ、です。
今、かずぅはパレスチナ側から見てるでしょ。
イスラエル側からはどうなのかなって思う。
そして、両者が「理解し合う」ことは難しくても、少しでも「歩み寄ろう」とするためにはどうするんだろうって。
私は、それを教育の場で実現したい。
それまた教育の力。
本当に正しいかどうかなんてわからない。
でも、平和のための道をつくりたい。
思いを歩み寄らせたい。

そうしたら、片側だけでは成立しないよね。
絶対条件が、もうすでに「戦争」なんだから。
大人は憎み合ってる、悲しんでいるんだから。
そこからのベクトル変更って、すっごく大変なんだけど、未来をつくる子どもたちには、柔らかい思考をもってほしい。
育てたい。
相手を「赦す」力の大きさを。

ねえ、かずぅはそこで、どういう状況を見ているの?
その地で、「赦す」心をもつことは、可能なの?
「あきらめ」に近い?
教育現場では、何が教えられてる?


またかずぅから発信されることを、すごく楽しみにしています。
ありがとう。
そして、身体に気を付けて、活動を続けてね!

2年が終わった先のあなたの大きさと、その先に広がっている道の大きさが目に見えます。
また語りたいな~。
2012/05/19(Sat) 11:07:38 | URL | migimigi [ Edit]

ありがとうございます。

すばらしい記事です・・・。
ありがとうございます。
カズさんの感性と経験に感謝します。
2012/05/21(Mon) 10:14:50 | URL | peteru [ Edit]

ありがとう

何故でしょう。新聞を読んでもテレビのニュースを聞いても、イスラエルとパレスチナ・・・分からないのです。でも今回のカズさんの意見を読み、少しは身近に考えられました。これからも発信して下さい。石頭が少しは柔らかくなるかも知れません。どうぞ、お体大切に。
2012/05/21(Mon) 18:38:16 | URL | 月の砂漠 [ Edit]

素敵な記事なので、トラックバックさせていただきました。
2012/05/30(Wed) 04:06:16 | URL | ハンダラくん [ Edit]

ハンダラくん、ありがとう!!
2012/06/03(Sun) 04:11:10 | URL | 和 [ Edit]
管理者にだけ表示

Trackback

トラックバックURLはこちら
http://kazitabonita.blog133.fc2.com/tb.php/127-e481b377

Handhala (ハンダラ パレスチナの子ども)

 レバノンのパレスチナ難民キャンプに生まれた漫画家Naji Al-Ali(ナジ・アル・アリ)さんが「Handhala(ハンダラ)」と名づけた有名な子どものキャラクターです。  イスラエルの冷酷さ、偽善的なアメリカ、私腹をこやすアラブの支配層、腐敗したPLO(パレスチナ解?...
2012/05/30(Wed) 04:05:01 | 愉しい寄り道