和室

ゆるキャラ代表 鳥取県米子市 ヨネギーズ 

週末、アンマン市内から30分くらいの
小さな町サルトへ行ってきました。
ヨルダンといえば、ペトラ遺跡・ワディラム砂漠、死海など。
ところが、それだけではありません。
小さな町にも、たくさんの見どころがあるんです。

一方で、小さな町の持っている文化や資源、良さが伝わりにくい。
ヨルダンの人たちですら、サルトの町を素通りしてしまい、
観光地ではありません。

神奈川に観光に来る全国からの観光客
「横浜や箱根、鎌倉や川崎には行くけれど、相模原は素通り・・・」
相模原市のような町(サルト)を観光地に・・というプロジェクトがあって、
視察に同行させてもらいました。

サルトを盛り上げるため、
「サルトちゃん」キャラクターをデザインしたいな!
思ってしまいました。この感覚は、日本人。
繧ュ繝」繝ゥ繧ッ繧ソ繝シ縲?_convert_20120318045953















日本って、やっぱりアートの国ですね。
ヨルダンにはご当地キャラクターは、いないんですよ。

さて、ご当地キャラクターで一押しは、私が小・中学校を過ごした
鳥取県米子市のヨネギーズ
http://www.city.yonago.lg.jp/yonegees/

以下、米子市市役所のHPより抜粋。
「そろそろ子どもがほしいなぁ…と考えていたヨネギーズは、地元の粟島神社に2人で「子どもを授かりますように!」とお願いに行きました。
お参りを終えたヨネギーズが弓ヶ浜のネギ畑で寄り添っていると、2人の間からちょこんと、小さな芽が出てきました。
しばらく見守っていると、それはかわいいネギの子どもになりました。
2人に待望の赤ちゃんが産まれたのです
ヨネギーズ待望の子どもから「希望の子」という意味で、「ネ希望」→「ネギ坊」と名付けようとして市民課へ出掛けたところ、同じ名前のネギ君がいたため、呼びやすく、かわいい「ネギポ」という名前にしました。」


new_yonegees.jpg鳥取県米子市市役所
の皆さん、
お忙しいのに・・・
素敵です!!
さすがです。
ヨネギーズの朗報
米子のユルさに
ヨルダンで癒されました。
ありがとうございます。

次回も引き続き、
私が育った日本の県を巡るあれこれをお伝えします。

サルト関連の記事はこちら
ima レポート 7月17日記事
ヨルダンの男性がかぶっているハッタにまつわる謎
http://www.ima-earth.com/contents/entry.php?id=201271113055
未分類

0 TrackBacks
0 Comments

Comment

管理者にだけ表示

Trackback

トラックバックURLはこちら
http://kazitabonita.blog133.fc2.com/tb.php/106-93a0e807