FC2ブログ

和室

元サッカー選手・宮本恒靖さんと私の意外な共通点      ~バルカン半島滞在記~

タイトルとおり、
元サッカー選手・宮本恒靖さんと、
私には意外な共通点があります。

070_convert_20140418205430.jpg

宮本さんと私の共通点
1977年 2月7日生まれ(37歳)つまり・・・。
生年月日がぴったり同じなのです。

(生年月日以外は、
 私との共通点はまったく見当たらないのですが・・・。)


JICAバルカン事務所が発行するバルカンレターで
宮本恒靖さんの活躍ぶりが報告されていました。
072_convert_20140418205731.jpg


以下、バルカン事務所のHPより抜粋
民族融和へキックオフ

2011年に現役を引退した宮本さんは、翌年国際サッカー連盟(FIFA)の運営する大学院「FIFAマスター」に進学し、2013年7月に修士号を取得した。修士論文に当たるグループワーク「ファイナル・プロジェクト」で、宮本さんのグループが研究テーマに選んだのは「ボスニア・ヘルツェゴビナのモスタルに、民族融和と多文化共存に寄与するような子ども向けのスポーツ・アカデミーを設立できるか」。紛争から20年近くたつ今も、民族間対立感情の根強いボスニア。中でも特に「センシティブな町」といわれるモスタルをスポーツの力で変えようという野心的な試みだ。
076_convert_20140418205647.jpg

国際協力の教育。
私のイメージでは、「理数科教育」が圧倒的に花形。
経済・社会の発展には、理数科が鍛える論理的思考力や感覚は
必須。
それから「職業教育」国の産業に直結した部分も大切にされる。

私が一番かかわってきた「美術」は、
世界の教育開発では、
「まずは、理工系OR職業訓練で途上国をサポート・・・
 余裕があったら、情操教育」

日本の学校教育でも、
「絵がうまくても、いい大学にもいけない。仕事に直結しない。
 それでも、美術を極めたいなら、お好きにどうぞ・・・」
という非常に弱い科目だ。

064_convert_20140418211323.jpg

宮本さんは元サッカー選手で、
スポーツを通じた「平和」「民族融和」を構築する教育を
目指している。


体育科教育と美術科教育の特性は違うけれど、
共通する部分もある。
私が美術科教育でやりたかったことを、
そして、美術科教育ではできないことを、
宮本さんがスポーツを通してボスニアで行おうとしている。

068_convert_20140418212637.jpg


103_convert_20140418205825.jpg

これは、同じ日生まれとして。
同じ国・地域を訪れたことのあるものとして。
これから国際協力にかかわっていくものとして。
刺激をうけたい。学びたい!
そして、活躍を心のそこから応援したい!!

079_convert_20140418211254.jpg

注:
写真は、2010年4月、ボスニア・ヘルツェゴビナの
サラエボ滞在中撮影したもの


関連記事
JICA HOTアングルに掲載された記事
ヨルダンの情操教育(音楽科・体育科教育)について
ヨルダンで出会った感動 2012

難民・紛争

0 TrackBacks
2 Comments