和室

福島県の多言語環境NTCから 早期英語教育反対

昨日(4月24日水曜日)、くもり空の中、
会津若松へ花見に行った。
繧ケ繝ゥ繧、繝・_convert_20130426001201
「八重の桜」で賑わう会津若松の城下町。
交わされる会津の人々の挨拶、「かっこいい!!」
重厚な歴史の重みが感じられる会津弁。

どこかで似たような・・・。
福島の会津若松はシリアのダマスカスと似ている。
会津若松の方言は、標準フスハーアラビア語に近い、
シリア方言アラビア語の雰囲気を醸し出している。
繧ケ繝ゥ繧、繝・_convert_20130426001223

11年間ずっと聞いてきた、神奈川県相模原市の方言。
鹿児島から出てきたばかりの初任教員の私にとって、
教室の生徒たちの話し方と
神奈川県藤沢市出身SMAP中居くんの喋り方が
妙に似ていて、衝撃を受けた。
繧ケ繝ゥ繧、繝・_convert_20130426001238
「中居くんの喋り方って、この地方の方言だったんだ!!」
神奈川県は東京都のとなり。
方言といっても、標準語(世界での英語)に限りなく近い。
というわけで、相模弁はオーストラリア方言英語かな。

私の家族は、全員岡山在住。私だけが岡山弁を話せない。
3歳になる甥のユーダイくんも、バリバリの岡山弁だ。
岡山弁は、比較的聴き取りやすい。のんびりしている。
ポンッポンっと、言葉が流れていくあたりトルコ語。

繧ケ繝ゥ繧、繝・_convert_20130426001311


一方、鹿児島県の方言は福島県に負けず劣らず、
とても難しく奥が深い。
イントネーションがまるで違う。
標準語にはない独特の言い回しがたくさん出てくる。
それでいて、小さな離島や薩摩半島・大隅半島でも
方言が変わってくる。
鹿児島弁は、バラエティーに富む中国語に匹敵する。

繧ケ繝ゥ繧、繝・_convert_20130426001256

日本全国、たくさんの言葉があり、方言に裏付けられた
文化・風習がある。
世界各地にも、たくさんの言葉があり、言葉や方言に裏付けられた
文化・風習がある。

アメリカ英語は事実上の「世界標準語」
英語は、アメリカや大英帝国の言葉。
世界中数多くある言語のひとつにすぎない。

小学校教育の中で英語が必須になってきたり、
たくさんの英語塾を見るたびに、悲しくなる。
英語ができる人たちが、英語が話せない人たちを
見下しているようで、悔しくなる。


繧ケ繝ゥ繧、繝・_convert_20130426001326

もし、知らない町に旅してみて、
自分の町と旅行先での言葉が、同じ言葉、
NHKのような標準語だったらどう?
福島の会津弁と鹿児島の薩摩弁、
違うからこそ、日本に奥行きがでてきて面白い。

世界中、み~んな英語に乗り替えたら、
どうでしょう?
バングラデシュのベンガル語だって、カンボジアのクメール語だって、
同じひとつの言語であり、言葉そのもの文化なのだ。

繧ケ繝ゥ繧、繝・_convert_20130426001340

「英語できる≠グローバル人材」

候補生がこれから任地で出会う、任地の方言、言葉。
英語科教育にはつながらないかもしれいけど、
任地の方言、言葉をガッツリ、取り組んでほしい。
そして、
帰国したら、自分の町の言葉、文化を
今より、もっともっと大切にしてほしい。

にほんブログ村 海外生活ブログ 青年海外協力隊へ
にほんブログ村
福島で考える

0 TrackBacks
5 Comments