FC2ブログ

和室

「楽しい理科」をめざして

「あなたは何の教科が得意?」
神奈川相模原市で教員をやっていた頃
新学期が始まると、この質問を教室の生徒たちに投げかけてきた。
主要科目では、「理科」と答える子供が圧倒的に多い。
理科は、外でいろんな植物や虫を観察できるから好き。
実験を通して、目で見てわかって面白いから好き。

計算練習や漢字を覚える、正しい文章を書くという日々の積み重ねが、
そんなに必要とされない。

みんなと一緒に、新しい未知に出会える教科。
だから、理科は私の教室で人気があった。

さて、主要五科目ということで、
学力全般について、日本とヨルダンをめぐる、あれこれ。

日本の中・高校生が、時間とお金を「塾」という場で、費やしてきている。
義務教育以外のところで、たくさんの時間とお金がかかっている。

一方で、パレスチナ難民局の学校に通う中・高校生は、
家に帰って集中して学習できるような環境でない。
中学生にもなったお姉ちゃんは、家の手伝いをする方がいい。
家族は大勢いる。一人ひとりに机もなく、電気もくらい。

それなのに、どうしたことか、
主要五科目(母語、数学、英語、理科、社会)の学力レベルは、
塾なし、家庭学習時間ほんの少しのパレスチナ難民局女子中・高校生、
受験地獄の日本女子中・高校生、どっこいどっこいだと思う。

なぜか。
042_convert_20111221103737.jpg
ヨルダンでは、試験に勝つため授業を行っていることが一因に考えられる。

試験にでるところを効果的に短時間で教えるのは、一方的な暗記型、訓練が一番。


授業は、効率良く点数を稼いでいくための、スキルを身につける場だ。

ここで、ヨルダンでの美術科授業での一コマを紹介したい。

中2美術の授業で「光と影」を扱った。
陰影をつけた鉛筆デッサンは、絵画の基本。
導入で、中学2年生に「木と木に映った影を描こう」発問した。
生徒たちの作品を見て、唖然とした。
絵の技能でなく、木の影がめちゃくちゃ。

ある生徒は、右に木を、左に同じ形をした黒い木の形を並べて描いている。
ある生徒は、下に木を、上にまた同じ形をした木の形を・・・。

かげが実物と、離れてしまっている。
上やとなりに同じ形を描き、黒く塗ればいいと思っている。
なんじゃこりゃ~~。絵の技能以前の問題だ。
この導入を終え、実際の影を観察し描く授業につなげていく。

日本では、「かげと太陽の光」は、小3理科の学習内容だ。
4年生になると「太陽とかげの動き」で、屋上に物を設置し、
一日中かけて一時間ごとの、かげの動きと形を観察する。
そういった体験があるから、日本の中学二年生は、こんな絵を描かないと思う。

こちらパレスチナ難民局女子校では、理科の時間に、
太陽の動きを調べよう、一日のかげの動きを観察しようっていっても、
午前シフトと午後シフトで分かれているのだから無理。

「太陽とかげの動き」の単元だけではない。
理科の時間に、実験しようったって、実験用具が少ない。
動植物や昆虫などに、実際ふれあう機会が圧倒的に少ない。

日本の生徒たちが「楽しい教科」と考えている小学校理科ですら、
ヨルダンでは暗記型。

理科も美術と同じような、問題が横たわっている。
「時間」「環境」「モノ」に制限があるということは、大きな痛手である。

さて、そんな中、またとないチャンスが舞い込んできた。
今学期、実習生が小3理科の研究授業を行うというので、
私も教材作りのお手伝いをさせてもらえたのだ。

単元は、「植物の育ち方をまとめよう」
056_convert_20111221103929.jpg教科書に載っているトマトの絵を大きく拡大して描いた。
「絵や写真を見せるより、とにかく実物が大事。
実物を見て、観察し、
生徒たちに気付かせること。
導入では、教科書を
見せないほうがいい。」

教科書を使わない理科授業というのに、キョトンとしていた。
 
「花のつくり」の教材研究も同じ。

036_convert_20111221103959.jpg「おしべ、めしべ、花びら、がく。
そういう用語を教え込むのでなく、
本物を見せることが大事。」

ヨルダンは花の値段が高いけれど、
生徒たちのため、奮発して自分で花を買ってきていた。
最後に学んだことを復習する、ゲームも取り入れている。



030_convert_20111221104108.jpg039_convert_20111221110231.jpg

種を扱った授業では、40分の授業にストーリーをもたせていた。
種なら、簡単に手に入る。
ヒマワリやピーナッツ、トゥルモスやとうもろこし、果実の種。
さまざまな種を使って、子供たちはグループごとに観察する。
種といっても、いろんな形や大きさがあるっていうことを話し合っていた。
いろんな気付きと、意見交換。
055_convert_20111221104451.jpg054_convert_20111221104632.jpg

051_convert_20111221104312.jpg053_convert_20111221104820.jpg


当日、授業を終えて、喜びでいっぱい。抱き合う実習生たち。
あなたたちの頑張りは、私も元気にさせてくれたよ。
ありがとう。


実習生たちの「教育」に対する前向きな姿に、
パレスチナ難民局の教育における、一筋の光を感じた。

神奈川で一緒に働いてきた同僚や同期が教えてくれたこと
学校教育現場で、生徒たちから学ばされたことを、
今、そのままヨルダンに恩返ししている。

限られた環境であり、準備も大変だけれど、
誰もが楽しめ、みんなが主役の理科。
新しい発見に、夢中になれる「楽しい理科」をめざして。

日本もヨルダンも、教育をあきらめない。


未分類

0 TrackBacks
5 Comments