和室

フランス語と私

フランス語から広がる世界は無限。
美術科教育に携わるべく、大学時代に学んだ西洋美術
JICAヨルダン協力隊員に向き合った中東難民問題
その後、マグレブ諸国とのつながり
JICAのジュニア専門員とブルキナファソ事務所勤務のころ経験させていただいた西アフリカ諸国(ニジェール、セネガル、ブルキナファソ)の教育

フランスに来るまでほとんど意識してこなかったけど、今、わかったこと。

西洋美術、マグレブ諸国、中東からの難民受け入れ、西アフリカ諸国の教育、私の人生でかかわってきたことの断片がフランスに直結していたんだ・・・

フランス語にかかわる人生を歩む喜び。
ぜったいにフランス語をあきらめない。

モンペリエの友人、アミダと夕食。
彼女はアルジェリア人。私のフランス生活を全力で応援してくれている友人の一人。
フランスいろいろ

0 TrackBacks
0 Comments

フランスのプール

プール大好き。
実家のある岡山では週に1度、「げんき広場」で長距離1500メートルをクロールで泳いでいました。
というわけで、今回は、日本とフランスのプール事情を比較します。

 フランスは水泳大国。私のような長距離泳ぐ人にとっては、本当にありがたい。市内に3、4つ50メートルの長距離プールがある。今回行ったプールも「オリンピックプール」と呼ばれる、50メートルのプール。長距離泳者にとっては、ターンの回数が25メートルの半分になることから、かなり泳ぎやすい。

 夏・冬一年中使用可能(パリにはもっと多くのプールがある)。
 何時間いても、500円以下。サウナ、ジャグジー完備。シャワー室でシャンプーも可能。プールの指導員さんがしっかり見守っている。緊急医療室もある。小さい子向けのプールもあるし、お年寄り向けのアクアビクス教室も準備されている。プールはマラソンやウオーキングのごとく「市民みんなのスポーツ」なのだ。

 さぁ、今日もプールでひと汗流すことにします。

2012 montpellier piscine
フランスいろいろ

0 TrackBacks
0 Comments

ドイツーフランス国境でクリスマス

2017年も残り1日。
遅くなりましたが、2017年12月23日から27日まで過ごしたドイツーフランス国境の町からメリークリスマス。
フォーバックという町。(ガイドブックにも載ってない小さな町)

ブルキナファソ時代の親友ローランの家族と過ごしました。
フランスやドイツのクリスマスにかける本気度にただただ圧倒。。。。
「ブルキナファソでは姉弟のように過ごした仲じゃん、ばあちゃんちには手ぶらでおいでよ。ばあちゃんも喜ぶよ。」の言葉を間に受け、手ぶらで参加。

ところがどっこい。。親戚や集まったご近所さんがクリスマスプレゼントやアルザス風の手作りお菓子を準備してくださっているじゃないですか。。。。
40歳になってクリスマスプレゼントをリュックサックいっぱいもらえるとは。
次回、フランスでクリスマスを過ごすことになったら、大人も含めた参加者分のプレゼントを用意しよう。

ローランの家族はパティシエとして成功している家庭。
(日本にもお店があるほどの銘菓)
今回のお返しは、皆さんが日本に訪問した折に是非。日本にも素晴らしい文化や美味しいお菓子がありますから。

さて、ここフォーバックという町は第二次大戦下、ドイツ領ともあってローランのおばあちゃんはドイツ語ペラペラ。
さらにお隣り町のドイツまで車で10分。
ドイツのボーリング、ドイツの公園、ドイツのクリスマスマーケットなどたっぷり堪能しました。
もちろん朝昼夜と豪華な手料理も頂きました。
本当に本当にありがたい。素晴らしいクリスマスでした。

年越しは南下してモンペリエ。
友人宅で年越しです。
2018年1月から、トゥルーズで語学研修。

2017年もお世話になりました。
よいお年をお迎え下さい。



201712310726121b5.jpg

201712310725563bb.jpg

20171231072536dd7.jpg


フランスいろいろ

0 TrackBacks
1 Comments