FC2ブログ

和室

アリスと大阪 たこ焼き旅行 

今から15年くらい前、スイス2週間旅行しているときに出会ったアリスちゃん。

私と同い年、パリ在住のベトナム系フランス人。
あれから15年たった今でも、よく会っている友人の一人。
一つ違うのが、15年前、スイスで出会ったときの私はフランス語のフの字も知らず、英語で会話していた。
今の私は、英語よりフランス語のほうがはるかに自然にしゃべれるし、理解もできる。

さてさて、3月下旬、アリスとお友達2人と大阪旅行。
最初に「はじめまして」とあいさつしたら、ポカーンとされた。
おやおや・・・。アリスの友達だから、フランス人かと思ったら、イギリス人だったのだ。
チーーン。
英語で案内か・・・キツい。

脳みそに2つの言語を一度にいれる容量はないよなぁ。
「でも、前はしゃべれてたじゃない。日仏より英仏のほうが言語が近いから、英語復活させたら?」みたいなアドバイスも受けたところで。新しい取り組み。

2018年4月からNHKラジオ英語を聞いています。ちょっとずつ英語に慣れてきました。
8月くらいにTOEIC受けようかなぁ。



29790257_10214777153319105_4314917378357235241_n.jpg

29597944_10214777150999047_1600618382087601065_n.jpg

29683737_10214777150159026_2414946941302794395_n.jpg

29598051_10214777146118925_2547274059055081921_n.jpg

29570586_10214777152239078_4730747318613565692_n.jpg



ようこそ日本へ

0 TrackBacks
0 Comments

着物あれこれ

フランス・モンペリエで過ごす大晦日。
友達カミィユへ着物をプレゼントしました。
(中古のきもの屋さんで1000円でゲット!!)

彼女は着物の美しさに目を見張り、この一言。
「着物、着てみたい!」
そういえば、着物は好きだけど、着付けはできない。そう答えると、
「そうなんだぁ。日本人女性はみんな着物を着ることができると思っていた・・」と
残念な反応。

岡山・新見の実家では、母が着付けをパパっとしてくれていました。
そのパパったるや、みごとなもの。特に、帯のアレンジは、毎回変わりとっても斬新かっこいい。
そんな母、若いころ自分の教養のために着物着付け教室へ通ったそうです。
40年たった今でも、体は覚えているようで、着付けの本をみるだけで、母流のアレンジで着付けができます。
まさに着物を通したアート表現。うらやましい。

あぁ、着物・・。一見簡単そうにみえるけれど、日本人女性だからといって誰でも簡単にパパっと着付けができるわけでないんです。
奥が深く、複雑で美しい。日本が誇る文化の一つです。

いつか、母のように着物が一人で着れるようになりたいなぁ。
フランスの町を着物で歩いてみたいなぁ。。

写真は2017年10月の関西旅行、奈良の旅。着物レンタルでお出かけ
鹿さんもウットリ?

DSCF0736x-1800x1200.jpg

171117 nara kimono 1


171117 nara kimono 3

nara 3


171117 nara kimono 4

ようこそ日本へ

0 TrackBacks
2 Comments

こんにちは!富士山

友人の関東旅行、こちらは富士山。
箱根にいってきました。

神奈川県のある市で小学校の先生をしていたわたくし。
箱根は、神奈川県の地理や歴史で大切な場所。
4年生を担任することが多かったせいか、同じ場所に同僚たちと何回か来ました。ううん、懐かしい。
神奈川の先生方、生徒たち、みんな元気かなぁ。


ようこそ日本へ

0 TrackBacks
0 Comments

渋谷でハロウィン

フランス友達の日本旅行、東京編。

岡山の田舎を存分に楽しんでもらった後、東京でときどき合流。
10月31日、中学校時代の友人と旦那様が渋谷をご案内。
渋谷のハロゥインは衝撃的でした。
(あまりに衝撃的で、親友たちと写真撮るのも忘れてしまった)

ピカチュウなマックス
shibuya pika chu max1

私はドン・キホーテで100円ミニーの耳を購入。お姉さんが、ミニーらしくみえるように髭と鼻を書いてくれました。

1時間以内、短期集中の渋谷観光。(なにしろ人が多すぎる・・・歩けないほど)楽しかったね。

171113 shibuya 1
ようこそ日本へ

0 TrackBacks
1 Comments

和さんママの贈り物 鍾乳洞探検

フランス人友達、フローランとマックスの新見探検。
岡山県新見市の探検第3弾は、鍾乳洞探検。
新見市には大小200の鍾乳洞が点在し、知る人ぞ知る鍾乳洞の町。
小さいころ、一度連れてこられたことがあるそうですが、記憶にはなく、私にとっても初めての鍾乳洞探検。

母親が「自然との共生」「ヨガ」「日常生活でも取り入れられる呼吸法」「簡単太極拳」などを、レクチャー。
友達二人とも、母親のレクチャーをしっかり聞いていました。

私としては、8月夏、トゥールーズで出会ったときの、フローランの願い
「どうせ日本旅行するのであれば、観光地だけでなく普段の暮らしを見てみたい。都会だけでなく田舎を。若者だけでなく、お年寄りや子供たちとの出会いを。日本の今も昔の伝統も。」
を、可能な時間帯で可能な範囲内で、家族や友人を通じ、紹介できたらなぁと思っていたのです。

まず、鍾乳洞を母と父が案内。

181108 Ikura-do 2

途中で呼吸法。ヨガ。出口前で、小休憩。座禅。

二人とも、母親のレクチャーを聞いてとても大喜び。
和さんママのレクチャーは自分たちの人生にとって最高の贈り物だと。
フランスに戻っても、座禅や瞑想、ヨガや太極拳を取り入れたいといっていました。
そんな出会いがかなった場所、新見市。
はるばる岡山の山奥まで来たかいがあったということで、私も大満足です。。

171108 Ikura-do

171108 Ikura-do 5


171108 Ikura-do 3


171108 Ikura-do 4そのあと、私は岡山大学で、ちょっと用事。
彼らは、京都・大阪観光を続け、東京旅へと続くのでした。
これで、岡山県・新見旅は終わり。
田舎から大都会へ。
次回から、関東旅の様子を紹介します。
ようこそ日本へ

0 TrackBacks
2 Comments