和室

城塞都市 カルカッソン

南仏モンペリエ滞在2週間目。
午前中は語学学校、午後は町探索。
この日は、ブルキナファソにいたお世話になったローラさんと城塞都市カルカッソンで合流。

フランスに来て、ブルキナファソで縁があった人たちと再会を果たし、
ブルキナファソに思いを馳せる・・・。なんとも優雅なひと時。

170813 Carcassonne ( la cité 1 ).png

170813 Carcassonne ( partage de Laure 1 )

170813 Carcassonne ( partage de Laure 2 )

170813 Carcassonne ( la vue ).png


フランス滞在

0 TrackBacks
0 Comments

マルセイユの海

マリィの住む町、マルセイユ。

青い空、青い海。たっぷり海水浴を楽しみました!!
それにしても、夏の南フランス、人が多い・・・。
関東の海と同じくらい、人が多い。



20631774_10155620503843588_1007101954_n.jpg


フランス滞在

0 TrackBacks
1 Comments

フランス グルノーブルでハイキング

1週間のパリ滞在を終え、2週目は南フランスでバカンス。
マルセイユの海を楽しんだ後、グルノーブルという山に囲まれた美しい街に来ています。
マルセイユの友達マリィが出産を控え、祖母宅へ里帰り中。別荘でゆっくり過ごしていました。
マリィちゃん(妊娠5か月目)と、マリちゃんのお母さん(母と同世代の60代半ば)、マリちゃんのお祖母ちゃん、(祖母と同世代80代半ば)と一緒に山へハイキング。

マリィは昔、水泳の国体選手候補でもあったスポーツウーマン。
(お兄ちゃんのローランも並外れた運動神経の持ち主。)

あの兄妹が、どうしてあんなに運動神経がいいかわかったハイキング。
私の母は、60代半ば。相当切れのあるダンスもするし、最近はじめた水泳でバタフライを軽くおよぐスポーツウーマン。
けれど、うちの母も顔負け。

とにかく、マリィの母と祖母のスポーツウーマン、健脚ぶりは只者ではなかった・・・。

80代半ばのスポーツウーマンのお祖母ちゃんは、また、とても素敵な方だった。
「健脚でいることは、人生を楽しむこと。」
たくさん体を動かして、歩いて。自然に触れて。なるべく体にいい食事をして。家族や友達と仲良くして、おしゃべりして。子供や孫にも恵まれて。本当に私はいつも幸せ。孫の親友、日本人のカズエにもあえて今日もハッピー!

帰る間際には、マリィの父親へは、日本から持ってきた日本酒をプレゼント。
「まる」という赤のパックに入ったお酒。私は日本酒は嫌いだし、飲まないのだけど、おじいちゃんがいつも飲んでいたお酒。
お父さんもとても喜んでくださった。

フランスも日本も、なんだか、どこも一緒だなぁ。
写真は、山ハイキングの様子。
眼鏡をかけているのが80代半ばで健脚、健康美人のお祖母ちゃん。


grenoble 2


grenoble 1




grenoble 3

フランス滞在

0 TrackBacks
0 Comments

紫陽花とシャンソン

こんにちは。
フランスのパリに来て、一週間過ぎました。
ブルキナファソで仲良しだった友達マタリアと二日間、一緒にパリ観光。
大学のころよく聞いていたシャンソン歌手、エディットピアフのお墓に行きたい!と彼女を誘い、一緒にペール・ラシェーズ墓地へ行ってきました。

フランスに来る前、岡山新見市の図書館でシャンソンのCDを借り、シャンソンをかけながら、両親とドライブした山道を思い出します。
7月上旬、祖父の病状も末期に近づき、両親もなすすべもなく、なんだか、途方に暮れていましたが、岡山の山奥の風景、霞かかった霧、満開の紫陽花は、私たちにつかぬ間の休息を与えてくれました。山の風景と紫陽花と、シャンソンはなぜか見事にマッチしていました。

今日のパリは、あいにくの曇り空。
シャンソンを聞くと、バラの花が似合うフランス・パリではなく、アジサイの似合う岡山の田舎の風景を思い出します。

写真は、凱旋門。

フランス滞在

0 TrackBacks
0 Comments