和室

オトナの女性旅 和さん編

先週、久しぶりにNHKテレビフランス語講座を見た。
タイトルは『オトナの女性旅』

女優の常盤貴子さんが、フランスの魅力を紹介しながら、楽しくフランス語基本表現を学ぶ番組。

2017年前半期、最終回の今回は、アルザス地方の五つ星レストランで、素晴らしいフランス料理を紹介してくれた。フランスって素晴らしい。美しい。さすがオトナの女性旅。

しかしまぁ、ああいう場所は私には合わないなぁというのが、所感。
あなたと常盤貴子さんは、同じ国にいっても全くベツモノですよ。といわれたらそれまでですが・・・。

さて。この放送を見ながら、自分自身のフランス旅、レストランを振り返る。
パリについた翌日、8年以来の友人アリスと市街地オペラで待ち合わせ。
カンボジア系パリジェンヌの彼女に、会うや否や「パリで美味しい、ベトナムのフォーが食べられるレストランを教えて」と聞き、パリのベトナムやタイ料理のおいしいレストランリストを入手。

その翌々日。
パリ郊外には、アフリカやアラブ諸国からの移民が住む地域が点在する。そこに住むブルキナ友人マタリアの親戚がコートジの手作りアチャケをご馳走してくれた。この地域は、まるでミニ・アフリカ。親切なセネガル人からレストランを教えてもらって、フランス滞在最終週には、そのミニ・アフリカで大好きなセネガル料理・チャブジェンを食べることもできた。

パリやパリ郊外だけでなく、各地で美味しい中東のファラーフェル(コロッケ)や、モロッコのタジン料理、西アフリカ料理のフトゥを堪能。

そうなのだ。フランスのレストランといっても、NHKフランス語講座で常盤貴子さんが紹介したような五つ星高級レストランばかりではなく、世界各地の多種多様なレストランがある。中東やアフリカにゆかりのある旅行者なら、少しフランス風に洗練された中東・アフリカ料理を、現地と違った美味さで楽しめる。

というわけで、私は、フランスの所謂おフランスな格式高いフランス料理は興味がない。だから、「一番好きなフランス料理はなんですか?」と聞かれても、フランス料理が何かがよくわからず、とりあえず、「チーズです。」と答える始末。(チーズは本当に美味しい!)

あぁ、私が常盤貴子さんのように、オトナの女性旅ができるようになる日は、いつの日やら。

写真は、ブルキナファソ人友達ママドゥ。
フランスで西アフリカ出身の人に会うと心がホッと安心。(笑)
トゥールーズで彼と一緒に、ハムとワインで乾杯。
170718 avec Mamadou
フランス滞在

0 TrackBacks
1 Comments

クレジットカードと現金

カード嫌いな私。
たとえば、航空会社のマイル。会員になって、ポイントとかマイルを貯めることが、好きじゃない。これまでの人生、こんなに海外へ出かけてきたにもかかわらず、一度も航空会社のカードを作ったことがない。
(もちろん、スーパーやデパートの会員カード、ローソンのポンタカードなんて、もってのほか。)

では、VISAやMASTERなどクレジットカードはというと、今から3年前2014年9月、JICA・ジュニア専門員だったころ、セネガル入国前にネットで入国VISA申請をするため、仕方なく、クレジットカードデビュー。一方、それ以来、カードはお蔵入り。ブルキナファソで一度もカードで支払いをしたことがない。

さて、今回、フランス滞在で痛い目にあったのが、クレジットカード。
市内で自転車を借りるのも、電車・長距離バスでの移動、コンサートを事前予約するのも、なんでもかんでもカード。
パリからリヨン移動の際、切符販売機でクレジットカードを使った際、なぜかブロックされてしまった。カード会社に連絡しても、解決策が見つからず、カードはあるのに、機能せず。それ以来、フランス各地にいる友人たちが先に格安チケットを見つけ、ネットで私のチケットを購入し、あとで現金で返金することに。トホホ。
彼らが助けてくれたからよかったものの、もし、これが別のヨーロッパだったら、おわっていただろうな・・・。今の社会、現金よりカードなんだなぁ・・・。

そんな私は、先週、フランスから日本に無事帰国。9月下旬まで岡山県新見市にいます。
いろんな町でお世話になった人たち、友人たちありがとう!!日本にもぜひ遊びにきてね。
写真は、名も知れぬ?サンティアゴ・デ・コンポステーラの巡礼路にある、ちっちゃな町、エスパリオン。

170917 Espalion1

フランス滞在

0 TrackBacks
2 Comments

祖父の命日とフランス革命記念日

フランス旅も最終戦、モンペリエでお世話になったエティエンヌとパリで再会。
(パリ勤務・政治に関わるお仕事をされていらっしゃいます。その博学ぶりは、まさに現代社会・世界史の先生!)

今回のフランス滞在、2つの目的がありました。
・語学力向上(モンペリエ)
・ブルキナファソで出会った友達との再会(パリ・リヨン・マルセイユ・ナント他)

2つの目的が果たせただけでなく、現代社会、世界史、フランス美術を改めて学ぶ機会ともなりました。
その学びに大きく貢献していただいた、エティエンヌ先生、ありがとう!!

振り返って2か月前。
フランスに来る直前の訃報。祖父の命日は、2017年7月14日。
7月14日と聞いても、日本人にとってはピンとこないけれど、フランス人にとっては、とても大切な日、フランス共和国成立を祝う日、フランス革命記念日です。
(1789年7月14日バスティーユ監獄襲撃、その一年後1790年がフランス建国記念日)

カフェでフランス革命史の話を聞きながら、祖父の話をしました。
「亡くなったおじいさんの命日がフランス革命記念日かぁ、カズはフランスとなにか不思議な縁があるんだよ」という話をしていました。

3年前、JICAから縁をいただき、ニジェール・セネガルへ、2年間のブルキナファソを経て、フランスへ。
10年前のフランス訪問では見えなかった世界が、明らかになりました。
10年前のフランスではフランス語はちんぷんかんぷん、でも、今回はすべてフランス語。(英語はサッパリ・・)
JICAのお仕事でアフリカに関わせていただいたおかげで、アフリカの視点からフランスを眺めることができます。
フランスへいざなってくれた、これまでの縁・出会いに感謝です。

le palais royal

Après une balade

La cathédrale Notre-Dame de Paris

la tour Eiffel

フランス滞在

0 TrackBacks
4 Comments

モンペリエ 3週間滞在

モンペリエ3週間滞在も無事、終了。
これから、トゥルーズ、エスパリョン、リヨン、ナントへ移動し、パリへ戻ります。

モンペリエでお世話になったホストファミリーと食事。
20793240_10212850869203206_782007431_n.jpg




フランス滞在

0 TrackBacks
0 Comments

城塞都市 カルカッソン

南仏モンペリエ滞在2週間目。
午前中は語学学校、午後は町探索。
この日は、ブルキナファソにいたお世話になったローラさんと城塞都市カルカッソンで合流。

フランスに来て、ブルキナファソで縁があった人たちと再会を果たし、
ブルキナファソに思いを馳せる・・・。なんとも優雅なひと時。

170813 Carcassonne ( la cité 1 ).png

170813 Carcassonne ( partage de Laure 1 )

170813 Carcassonne ( partage de Laure 2 )

170813 Carcassonne ( la vue ).png


フランス滞在

0 TrackBacks
1 Comments