和室

マルセイユ、マリーの娘さんとお雛祭り

2018年3月3日、マルセイユのお雛祭り、マリーの娘アンナちゃんと!!!
マリーとは2年前、ブルキナファソ旅行からの仲。

この日は、マリーと旦那様が素敵なエジプト料理屋さんを予約しておいてくれ、おいしいエジプト料理を堪能。
さすがマルセイユ。さすが多民族の町。
東京の価格の半額以下で、エジプト本格料理が味わえる。
レストランの雰囲気もばりばりエジプト。うしろのアラビア語も素敵でしょう。

フランスって、アラブもアフリカもマグレブもラテンアメリカも、アジアもいいところどりですごーーーく楽しい。
特にマルセイユは活気があって、大好きな町。

さて私は3月13日から日本に帰国しています。岡山の山奥に住んでいます。
塾で中学2、3年生へ数学を教えたり、ドラムや剣道を再開したり。。
そんななか、念願のアラビア語書道が学べる場所を発見!!!それについてはまた次回。

28468023_10214520845831578_6863834766382512355_n.jpg
28467817_10214520844471544_1341483147734270121_n.jpg
28379791_10214520843591522_606107663407145068_n.jpg
28471896_10214520848151636_3806431693941728638_n.jpg
28379706_10214520846631598_750110173465373349_n.jpg


フランス滞在

0 TrackBacks
1 Comments

剣道を通じた友情

3月7日、トゥルーズの剣道稽古がひとまず終了。
稽古が終わった後、お別れ会を開催してくれました。

左となりにいるエミリーちゃんは剣道仲間でも一番気の合う友達。

というのも剣道のみならず、

「40代女性」
「教員(彼女は高校社会科教師)」
「NGO団体の職員としてアフリカ駐在経験あり」

の共通事項から、私ととっても話が合う。
三人の母でもあるエミリーちゃんはとてもバイタリティに溢れ、母親業も剣道も、教員業もバリバリ。
最終日には、サプライズプレゼントでクッキーもつくってくれた料理上手な彼女。
かっこいいなぁ、素敵だなぁとあこがれる女性でもある。

日本に帰国しても、どこにいっても連絡をとろうね!
わからないことがあったらいつでも連絡して。
次回、うちの高校に遊びに来て。生徒たちに日本の話をしてね!!
と。

そして、彼女の2番目の娘さんは私のファンで、
「カズエ、かわいい」「カズエ、かっこいい」と、目をキラキラさせて私の剣道を応援してくれたり、
私の素振りのとなりで素振りをしている。

剣道を通した友情は、今後も続くのであった。

3月13日に帰国。ふたたび日本で数学講師。
ちなみに、次回の話題はフランスで漫画家デビュー?

180301 kendo GODO KEIKO soiree




フランス滞在

0 TrackBacks
0 Comments

ピクニックな週末

昨日は、仲良し友達たちとピクニック。
大晦日を過ごしたエディくんとカミーユちゃん、去年、日本旅行を楽しんだフロくん(フロくんはエディくんのいとこ)
久しぶりに集合。3人とも超多忙中、ピクニックの時間をつくってくれました。

お礼に私のおばあちゃんが育て、収穫した小豆を3人にプレゼント。

3人ともとっても喜んでくれました。
まずは、餡を自分で作ってみると。
そして、温かくなったらおばあちゃんの小豆をフランスで育ててみるといっていました。

とっても楽しい週末をありがとう!


180225 Une balade avec Hedy 5

180225 Une balade avec Hedy 4
フランス滞在

0 TrackBacks
1 Comments

フランスで剣道

2018年、1月1週目から再開した剣道。
フランスのトゥールーズで、週に1,2度、剣道を学んでいる。
トゥールーズ市内に3つ剣道団体があり、私が通う剣道場はうちから徒歩5分。

パスカル先生は剣道5段。
日本の武道の知識や文化をしっかり教えてくださる。
道場では厳しいが、稽古が終わると、とってもチャーミングな先生。
パスカル先生から「フランスで剣道頑張れ!」と、白袴を譲っていただき、41歳にして稽古を再開することができた。

道場の仲間たちも、とっても素敵だ。みんな日本の作法を身に着けている。
すべてフランス語であるにもかかわらず、まるでどこか日本の中学校の剣道部にいるような感じだ。
とにもかくも、フランスのトゥルーズの剣道家たち剣道をするというのは、とても新鮮で楽しい。

今は、剣道の基礎中の基礎、足運びと竹刀の素振りを集中的に習っている。
サッカーやテニスなどの外国のスポーツと異なり、剣道独特の作法や思想がある。ただ強く、そして上手になるだけではだめなのが、剣道(すべての武道)の奥深さ。

剣道で竹刀を交わし汗びっしょりになる心地よさ、先生や仲間たちに敬意をこめてお辞儀をする瞬間、黙想の静けさ、剣道の後ぐっすり眠り、次の日の目覚めの良さはかけがえない。

剣道を通して得る貴重な時間。
フランスで剣道を楽しめる環境、今の自分、道場の先生、仲間たちに感謝。

おまけ★武道好きな和さん 過去の日記★
2012年 
ヨルダンで剣道

2017年 
ブルキナファソの柔道家たち
180217 Kendo 1


180217 Kendo 2


フランス滞在

0 TrackBacks
1 Comments

フランスの図書館

私はよく図書館を利用する。図書館大好き人間だ。

岡山の実家には、歩いて5分のところに図書館「学び広場」があった。
川沿いに面していて、夏は外で野鳥を見ながらお弁当。インターネットも使い放題。
とにかくよく利用していて、大好きな空間。


フランスの町について一番にチェックする場所が、スーパー。
その次に図書館だ。
どこの図書館が何時まで空いていて、どのくらいの規模で、どんな雑誌があって、どんなアクティビティがあり、込み具合はどうか・・・というように。

トゥールーズに滞在し、1か月経つ。5つくらい図書館巡り。
トゥールーズ住まいの友人たちも私の図書館マニアぶりには目を見張る。

今回はトゥルーズで、一番おしゃれな図書館を紹介。
町のど真ん中にある。

学校帰りにバゲットとチーズ、ハム、それから、ハリネズミの魔法瓶を持参し、公園でランチを済ませた後、おしゃれ図書館でフランス語の宿題をやっつけるのであった。


180117 la bibliotheque 3

180117 la bibliotheque 1

180117 la bibliotheque 2


フランス滞在

0 TrackBacks
1 Comments