和室

和さんちの生き物たち ようこそ、クロヤギさん その2

ブルキナファソライフも最終戦。
前回紹介しましたが、我が家にクロヤギさんを迎えました。
和さんちの生き物たち ようこそ、クロヤギさん その1

クロヤギは畑を荒らさないようにと、裏庭へ引っ越し。
亀・小鳥たちとの同居スタートです。
毎日、夕方にピーナッツの干し草(一週間でおよそ200円)をやり、水替えをしています。
当面の間は、亀夫婦がクロヤギの登場に驚き、自分の寝床に戻らなかったけれど、一週間すぎた今は、クロヤギさんを受け入れています。

土曜の午前8時の様子。
寝ぼけた感じ。
17361651_10211435659503848_6951170076413687354_n.jpg

クロヤギ「なによ、あんた!?」と、起きてみた。
亀さんは飼い主の登場にワクワク。「ごはんの時間だー!」とすぐにかけよってきます。
17352265_10211418919365355_2541006255597980637_n.jpg


クロヤギさん「一緒に朝食でも食べますか・・・・。」

17309582_10211418919285353_6871532462432104066_n.jpg

クロヤギと亀夫婦は日陰に入って眠るのであった。
本日、ブルキナファソ・ワガドゥグの気温は、
朝から40度近く。昼は42度。4月はもっと気温が上がります。
そりゃあ、木陰で寝るしかないか。

小鳥たちは、相変わらず木の上でピィピィ鳴いているので、同居は成功。
猫家族は、クロヤギをびびってしまい、同居は失敗。
和さんちの生き物、お庭、自然の暮らし、また気が向いたらお届けします。


【庭の様子】
私のパワースポット 我が家の庭

家庭菜園の成果品

【我が家のペット】
祖母の遺品とブルキナファソの生活

ブルキナファソで猫ライフ


次回は、2017年3月8日(水)国際婦人デーの様子を紹介します。
この日は祝日。女性の日を、ここワガドゥグでブルキナファソ・日本の友達たちとお祝いしました。
和さんちの生き物

0 TrackBacks
5 Comments

和さんちの生き物たち ようこそ、クロヤギさん その1

ブルキナファソライフも最終戦。
うちには、大きな亀カップル、猫親子、庭に遊びに来る小鳥たち、夜に大合唱のコオロギなどたくさんの生き物と植物に囲まれて暮らしています。
2月末、新しい仲間にヤギさんを迎えい入れようと、近所の家畜市場へ。

75579_10211310105565078_201049444918009423_n.jpg

ヤギさんたちが、トラックで運ばれてきました。

17103692_10211310106245095_8044758274049417421_n.jpg

一時間くらい、いろんなヤギをみてまわり、日本円で約4000円で子供の黒ヤギさん(女の子)をゲット。
私がブルキナファソを去る日に、お世話になっているブルキナベへプレゼントし、犠牲祭の時にみんなで味わってもらうことにしています。私は食べませんよ。

16996367_10211310107045115_2047389968897214613_n.jpg

ヤギのお買い物につきあってくれた、小さなモモもご機嫌です。
このヤギさんは、いずれモモの胃の中に納まるのですから・・・。

17155307_10211310112525252_6294297055687261683_n.jpg

うちは庭で野菜や植物、フルーツを育てています。
大切な野菜たちをヤギさんに食べられることのないよう、ヤギさんは、裏庭に引っ越ししてもらうことにしました。
裏庭は大きな亀カップルが住んでいるエリアなんで、同居が気になるところ。
また、木々に遊びに来る小鳥たちや、猫親子の反応もみたいところ。

17155948_10211310115805334_9149315954892878439_n.jpg

次回は、黒ヤギさんの生活をお届けします。
果たして、新生活で亀カップルとの同居はうまくいくのか。猫と喧嘩はしないのか。裏庭の植物の運命やいかに。
和さんちの生き物たち ようこそ、クロヤギさん その2

和さんちの生き物

0 TrackBacks
2 Comments

Méditation ? / 瞑想?

Qu'est-ce que vous faites ? Méditation ?
何やってるの?瞑想?

161210 la coupure du courant1

Non.. le courant est coupé C’est tout..
ちがう・・。停電。

Nous n’avous plus qu’à attendre le retour du courant
電気を待つしかない。

161210 la coupure du courant3

Ah, Bon...
あ、そう・・・。
161210 la coupure du courant2

和さんちの生き物

0 TrackBacks
3 Comments

ブルキナファソで猫ライフ

ブルキナファソで猫と一緒に暮らし始め、半年以上経つ。
人生初の猫ライフは、とても順調。
庭で飼っているから、とても楽ちん。トイレも爪とぎも庭。
お互いの領域を侵入されることなく、独立して楽しんでいる。

庭の野菜を摘んでいるときに、足に絡みよってきたり、
庭で朝食やコーヒーをとっている時、ひざにのってきてなかなかかわいい。
これぞ猫ライフの至福の時。

あぁ、私のことをお母さんだと思っているのだろうなー、
と思っていたのだが、
今晩、衝撃的事実が判明。

猫も人を選ぶ?!!!


私が一人で家にいるときは、私に寄ってくるけれど、
ナビラがうちにいるときは、私に近寄らない。
特に、子供猫のほうは、私を素通りしてナビラを追いかける。私が餌をもっていても、彼女から離れない。

ショック!!!
犬でもあるまいし、猫が人を選ぶなんて、知らなかった。
14384226_10209628591688282_1746815485_n ROCKY 2

ナビラがうちに一緒に住んでいた時期、猫をとても丁寧にお世話をしていた。
もちろん餌やりも私ではなく彼女の当番だった。
今もしょっちゅううちに来ては、猫とのふれあいを楽しんでいる。

彼女と私の違いは一目瞭然。
猫の触れあい方が違う。
彼女は、餌を与える時に声をかけ、褒める。
猫をなでる時間が長いし、扱いも丁寧。

写真をみればわかるけれど、抱き方も全然違う。
一時期は、「過保護な親か!!!」とつっこんだことも。

私はナビラのような猫とのふれあいはできないけれど、
お互い独立した、つかず離れずの猫ライフを楽しむつもり。
でも、飼い主の私をさしおき、ナビラへ懐いているのだったら。。うぅむ。
週末くらいは猫に話しかけてみようかな。

14397344_10209628591528278_1220642806_ROCKY1.jpg

14388790_10209628605488627_2057152225_ROCKY 3
和さんちの生き物

0 TrackBacks
2 Comments

祖母の遺品とブルキナファソの生活

祖母の49日が終わり、ほっと一息。
親戚たちと祖母の住んでいた家に戻り、祖母との温かな時間を思い出す。

祖母の死の間際まで、一番ちかくにいたおばさまが、「ここにあるもの、好きなもの、なんでももっていっていいわよー。」といってくれ、みんなで宝探しスタート。
私が見つけたのは、これ!!

蚊取り線香

14112100_10209346543637257_362728387_n.jpg

夏休み、おばあちゃんちは玄関に蚊取り線香をたいて孫や子供たちの帰りを待ってくれていた。
いとこたちと夜になると、蚊帳をはってキャンプ気分。
この、豚さんの蚊取り線香に、おばあちゃんとの思い出がつまっている。

14055616_10209346533357000_325510499_n.jpg

ブルキナファソは、蚊を媒介としたが病気が日常。
ブルキナファソ人だって、マラリアになって高熱でうなされるのだから、容赦ない。

蚊取り線香は必需品。蚊帳も毎日はって寝ている。
ぜったいにマラリアになりたくない。

14081196_10209346542637232_2060437075_n.jpg

ブルキナファソにおばあちゃんの思い出といっしょにもってきた蚊取り線香。
うちのネコともカメとも、庭の植物や小鳥たちとも、なんだかいい感じに調和している。

14081024_10209346545637307_1607334151_n.jpg

14054890_10209346556757585_540150991_n.jpgいい感じにおさまっているでしょう!

14111630_10209346534317024_2041767124_n.jpg

昔の思い出と今のブルキナファソの生活。
蚊取り線香がつないでるようです。

和さんちの生き物

0 TrackBacks
4 Comments