和室

これ以上 迷惑をかけるな!

ブッシュ政権は2003年3月、「大量破壊兵器」を理由に
イラクとの戦争を開始。当時の小泉首相はまっさきに支持をしました。

忘れちゃってるかもしれませんが、
イラク戦争は終わってないですよー。

イラク国内の混乱を逃れて、近隣諸国で生きているイラク難民の数は
すでに400万人近くになるんじゃないかとか、
イラク人口全体の8分の1ぐらいとか。

イラク難民を調査しているイラク人友達の話では、
難民数の急増によりヨルダン国内の教育・医療システムが圧迫され始め、
ヨルダン政府によるイラク難民に対する待遇は
どんどん厳しくなっているということでした。

アンマンは今、日本と同じくらい寒いのだけど、
就労機会もなく、充分な支援が受けられないイラク難民は、
お金も尽きてきているので、自分の服を売って小銭を確保しています。

ヨルダンに未来がなく、受け入れる国もなく、イラクも混乱していて帰れない。
八方ふさがりで精神的に病んでいるイラク人もたくさんいるんです。

お忘れなく。

今のイラク難民を生み出したのは、
当時の政府を支持していた日本国民の責任でもあります。

あれだけ大規模攻撃を加えてきたのに、戦争じゃないとか通用しませんからね。

これ以上、中東に迷惑をかけるな!といいたい。

発電所建築反対デモの様子 ヨルダン  7月記事
nuclear-jordan_convert_20111214062332.jpg
Protesters in Jordan are campaigning against the country’s plans to build a nuclear reactor which they state carries more risks than positive impacts

原発反対派の声は、ヨルダンでもあがっています。

021_convert_20111214062409.jpg以前建築予定地にあがっていた 
海沿いの町 アカバの夕暮れ 
対岸はイスラエル

どういういきさつかわからないけれど、アカバは 一安心。



052_convert_20111214062636.jpgこちらはアンマンからすぐ郊外 
ザルカ。


日本で考えると、東京都心からすぐの
町田市に大きな原発を作るという感じでしょうかね。


「Jordan recently announced that it is forging ahead with plans to build its first nuclear power plant despite local resistance and regional instability.」

ヨルダンは中東の命綱です。近隣諸国が不安定な中、
ヨルダンに生きる人たちが怒りを表明しても、声は届かない。
売るほうも売るほうだけど、買うほうも 買うほう。
日本もヨルダンも どっちもどっちだ。

なんで原発が必要なのかって?調べたところによると、 
ヨルダンにはウランが眠っていて。これを掘り起こすことだそうです。
ヨルダンにとってはいいビジネス。
ヨルダンは核兵器を作らなさそうだけど、核保有国にウランを売るチャンスです。
以前フランスはイスラエルに原発を売り、
イスラエルは核兵器を作るに至ってるそうで。
原発で平和利用なんて建前で、いつでも核兵器を作れるようにしておく。
原発の売買には、そういう戦略もあるそうです。

先週12月9日、
参議院でヨルダン、ベトナム、ロシア、韓国と結んだ原子力協定が
国会で承認されたようですね。
悪夢が現実へ。これによって、来月1月から原発輸出が可能になったのです。

政府は、国内での原発の新設はしない、脱原発する、と言っています。
原発は危険だと分かったのでしょう。 すごい神経です。

こちらもお忘れなく。イラク戦争の補償と同様、
これから日本産の原発事故が起こったら、
今の政府を支持している日本国民の責任になりますからね。

建築予定地 ザルカはアンマンからすぐ近く。
051_convert_20111214062605.jpg市内の勤務校から、30分以内で着くんで、放課後よく行きます。
イラク難民のコミュニティーもあるんです。

この日は、元気いっぱいサッカーをする男の子たちと、
久しぶりに会っていました。

アンマンの人口は120万人。原発が事故を起したらヨルダンは一瞬でアウト。
この変わらない風景も、一発で終わりです。
これだけ福島で困り、反対の声があって、
ずいぶん日本も賢くなったはずなのに。

日本はこれ以上中東に迷惑をかけてはいけない
今だって、ヨルダンに生きるイラク難民の現状は厳しい。
そして、イラクを滅茶苦茶にした責任を、まだとっていない。

反省をしていない。
反省するどころか、金儲けのためなら、
危険とわかっていても、なんとかなだめすかし
原発ビジネスを繰り広げる。

「Why are we in Jordan running towards nuclear without dialogue」
ヨルダン国民と政府、対話なしでの 原発ビジネススタート

高校1年生は現代社会で調べ学習をしています。
006_convert_20111214062525.jpg生徒が、今のアジアを風刺した漫画をくれました。
日本のイメージをアラブ人が描いています。
アジアの過去と今。左はテクノロジーにまみれた日本人
世界を踏み台にして、何をやりたいの!?

今の日本、中東にとって非常に迷惑。
とりあえず、
ヨルダンに原発は要りませんから

反原発

0 TrackBacks
9 Comments