和室

会津のカラーベコ×ジンバブエのショナ彫刻 (日本と世界の芸術)

カラーベコのお散歩日記。
今回、紹介するのは韓国大使館前にある小さなギャラリーでみつけた
とびっきりの作品群です。
ジャン!
「ショナ彫刻展」

P1030865.jpg
なんと!私がこよなく愛する、ジンバブエのショナ彫刻が、
チャリで数分のギャラリーに並べられているのだから、感動モノ。

和室記事【ショナ彫刻について】2011・7月記事 ショナ彫刻 ジンバブエのアート

今回は、ギャラリーのオーナー(韓国の方)と、話していた内容を
紹介します。

***************************
「日本は伝統工芸のクオリティーがとっても高い。」
「オタク・ユルキャラ文化にあるように想像力も長けている。」
なのに・・・。
日本は他国の良い文化を見出す先見性がない。
世界で活躍するアーティストも、まだ少ない。

P1030866.jpg

以前、荻窪にある美大予備校に通っていた。(隊員受験のため)
そこでも、石膏デッサン、ヌードデッサン・・・。
美大受験の高校生と学ぶのは、「ヨーロッパ発」の美術で、まずは西洋ありき。
それから、日本画。日本美術史。

先進国以外の国に、飛びぬけた天才がたくさんいる。
東京ではなく、小さな地方の村に芸術作品が眠っている。
週末、絵画教室に通う若者、美大卒の社会人でなくても、
独自の世界を表現できる小さな子供もいる。
障がいをもった方の中に、すばらしい才能をもった方もいる。

でも、やっぱり、日本ってネームバリュー重視。
「日展に~回入選!」「展覧会で○○賞をとった」
有名美大卒とか、有名デザイン業界だとか・・。
それから、学ぶ場所もステレオタイプ。
「フランス・パリ、イタリア・フィレンチェで美術学校」・・・。

なんか、狭いよねぇ。違うよねぇ・・・。

中国・北京アート事情はこちら↓
和室記事【現代アート関連】 2010年7月記事 アフリカ大陸における中国進出

韓国人オーナーは、
10年前から世界でも愛好家が多いショナ彫刻に眼をつけ、
ジンバブエのアートを広げようと日本で奮闘したのだとか。
日本で初めてジンバブエ彫刻の展覧会を催したとき、
当時、「アフリカ?」「民族美術?」「なにそれ?」みたいな感じで、
誰も見向きもしなかったそうだ。

フランスのマーケットや北京のギャラリーで見たショナ彫刻は、
  ジンバブエ元値(買い取り価格) 100円の彫刻
→ヨーロッパ向け売値は、平均1万円。100倍の価格。
 それでも売れる。価値があると思われている。

P1030867.jpg

でも、日本だと、5000円でも売れない。
世界の美術業界で価値があるショナ彫刻も、日本ではほとんど価値がない。
P1030868.jpg

*******************************

そんなこんなで、韓国人オーナーとたっぷり芸術論を戦わせ、
最後は、ジンバブエのショナ彫刻×会津出身カラーベコと記念撮影してきた。

四谷にはたくさんのギャラリー、カフェ、ライブハウスがある。
面白そうなギャラリーやライブ、写真展、コンサートやライブがあったら、
入って、作品に触れる・音楽を聴く。
作家がいたら、話を聞いてみる。音楽家と話をしたり、可能なら演奏に参加する。
東京に住んでいる間、古今東西・古代現代・・・・
なるべく生の芸術・音楽に多く触れる機会を作っていきたい。
アフリカ

0 TrackBacks
1 Comments

マグレブと私(チュニジア・モロッコ)

10年前の写真が、かろうじて3枚出てきたところで、
お気に入りの国シリーズ。

今から15年前に訪れたモロッコ(フェズからタンジェ)
今から10年前に訪れたチュニジアのドゥーズ。
女二人旅中、ポンっと行き着いた小さな砂漠の町。

らくだj
















東京で研修中(ジュニア専門員)
これまでは「中東×美術×アラビア語」
これからは「西アフリカ×基礎教育×フランス語」

新しく知り合う人たちには、「チュニジアの美術隊員だったんですよね?」
古くからの友人には、「モロッコへ専門家として派遣されるんですか?」と、
間違われる。

讒九∴_convert_20131229113406

さらに、チュニジア・モロッコらへんをうろうろしていると、
アラブ×アジア顔になじみがあるからか、現地語で話しかけられる。

縺ソ繧薙↑_convert_20131229113426

昨年度2013年度3月のNHKフランス語講座では、
チュニジアの観光地を取り上げていたし、NHKアラビア語講座でも、モロッコの特集をやっていた。

マグレブ
私がこれまで関わった中東からみると、アフリカの国々。
私がこれから関わる西アフリカからみると、アラブの国々。
そういった、いろんなつながりが、まじわっていて、思い出もたくさんある地域。

そうそう、モロッコには、25年度二本松訓練所で関わった候補生や
お世話になった調整員もいて、活躍されている。

10年前に訪れた国や地域が、どんな風に変わっているかわからないけど、
また遊びに行きたいな!

アフリカ

0 TrackBacks
2 Comments

野口英世のいたガーナ 「遠き落日」

先月、福島県猪苗代町の野口英世記念館へ行きました。
繧ケ繝ゥ繧、繝・_convert_20130717235001

















前回に引き続き、
ガーナで活動中のみぎちゃんが送ってくれた
ガーナの笑顔と、猪苗代町の野口記念館で、
野口英世の人生に迫ってみたいと思います。
P2120530.jpg

医者であった渡辺淳一が、8年の歳月を費やした大作「遠き落日」
解説では、以下のように書かれています。
ヒューマニストにしてエゴイスト、
孝行息子にして、道楽息子、
細菌王にして借金王、
日本人にして国際人


浪費と借金と女狂い

「俺はすごいんだ」「俺はそのへんのやつらと違うんだ」
「だから、金をくれて当然」・・と、驚異のナルシスト。
やけどをした手をチラッと見せ、周囲の同情を仰ぐことも抜かりない。

伝記にでてくる、努力や忍耐の崇高なサクセスストーリーには
まったく現れなかった影の一面。

繧ケ繝ゥ繧、繝・_convert_20130723214654

















貧困」「不具」「田舎者」「学歴なし
野口英世は、これら強い「劣等感」から脱け出すために
すごくエネルギーをかけているような気がしました。
マイナスが強ければ強いほど、プラスに転じているのです。

お札の顔となるほど、後世に名を残した偉人
そして、
ギャンブラー、うそつき男、女狂い
でもあるわけで、
いい意味でも悪い意味でも、本当に突き抜けています。

人間の表の顔、裏の顔。
どこの国の人も、いつの時代の人間も
いいところもあれば、欠点もある。
悪いことばかりではなく、長所もたくさんある。
だからこそ、面白いのかも。
IMGA0043.jpg

DSC04714.jpg

IMGA0626.jpg
アフリカ

0 TrackBacks
2 Comments

ガーナ隊員のいるガーナ 

ガーナの小学校教師として頑張っているみぎちゃんから、
絵ハガキが届いた。

繧ャ繝シ繝垣螟ァ讖九∩縺弱・2




渡辺淳一さんが書いた「遠き落日」を読んだ。
ガーナは、野口英世が生涯を終えた国でもある。

DSC02027.jpg


そんなガーナ、
ガーナ隊員のみぎちゃんの報告によると・・・

こんなにかわいい子がいたり。

美しいビーチと
美味しいビール。
IMGA0593.jpg

IMGA0261.jpg

ガーナっていいな。

7月からスタートした25年度2次隊。
ガーナ候補生が多い。今日もガーナの話をした。聞いた。

ガーナっていいな。
いってみたいな。

写真はガーナ隊員みぎちゃんの提供。
ありがとう!!
アフリカ

0 TrackBacks
0 Comments

カズン ミニライブ「Pearl of Africa(アフリカの真珠)」2013年5月15日(水)@JICA二本松訓練所

繧ケ繝ゥ繧、繝・_convert_20130519040125

先週5月15日(水)
福島県二本松市のJICA二本松訓練所へ、
カズンがやってきました。

ウガンダの笑顔を日本へ
ウガンダの元気を日本のみんなに伝えたくて。


トークの中で、漆戸さんは、
「熱い思いがある場所から、音楽は産まれるもの」と
おっしゃっていました。

繧ケ繝ゥ繧、繝・_convert_20130519040217

カズン公式ウェブサイトより
http://www.itsumo-music.jp/uganda/

「Pearl of Africa」

ウガンダで青年海外協力隊(JOCV)の一員として活動されている、
大塚泰法氏からカズン公式WEBサイトに一通のメールが届きました。
子どもたちから、ウガンダの学校、
そして地域を活性化できるような曲を創りたいとの声があがったこと。
後世にも歌い継がれ、子どもたちの自信になるような曲を。
彼らが明るい未来を展望できる、そんな音楽をカズンと一緒に作りたい!
という熱い思いが綴られていました。


ウガンダレコーディングの様子は、
カズン漆戸啓さんのブログ「うるしどひろしの近所的宇宙旅」
「スタジオは教室」で紹介されています。
http://ushidoshi.exblog.jp/19479617/

カズンにとっての初めてのアフリカ大陸。
初めてのウガンダ滞在

レコーディング滞在中はお天気に恵まれたこと。
ほとばしるウガンダのパワーやリズム感との出会い。
学校で生徒たちとセッションした時の感動
ウガンダの人たちの心を照らす隊員大塚さんの印象。

曲作りの裏話も聞けました。
ウェバレニョ(ウガンダ語の ありがとう)と日本語「ありがとう」は
ちょうどピッタリ音符にあうこと。
英語でウガンダをユーガンダと発音⇔
I Love Uganda アイ ラブ ユウ~ウガンダ~
となったこと。

繧ケ繝ゥ繧、繝・_convert_20130519040231

私にとってのカズンの曲のイメージは、
「冬のファンタジー」や「風の街」のように
優しく、心地よい、穏やかな、清らかなという感じ。
一方、お披露目された「Pearl of Africa(アフリカの真珠)」は
生命力、躍動感あふれるウガンダのパワーがバシバシ伝わってきます。

その後は、
ウガンダの市場で買ってきた、太鼓でリズムを刻んで
「ランランラン・・・」をバックに、大合唱。

繧ケ繝ゥ繧、繝・_convert_20130519040203
ウガンダへ 列車の旅へ そして大きな愛のつながりへ
カズンが奏でる世界へ引き込まれ、
あっという間に時間が過ぎていきました。

大学時代、聴いてきたカズン「冬のファンタジー」
教員時代、ウガンダ隊員の任地(孤児院)訪問
ヨルダン隊員時代、カズンのいずみさん妹分(もりもりさん)がいて、
とってもお世話になったこと。←トークの中で話題になっていました。
ヨルダンから帰国後、
ウガンダの笑顔、アフリカの真珠に
福島県二本松市で再会できたこと
一つひとつの小さな出会い、感動に感謝です

繧ケ繝ゥ繧、繝・_convert_20130519040147

心に染みた曲「WAVE」作詞・作曲 漆戸啓

「WAVE」2番歌詞の一部☟
誰かが今日も泣いていた テレビの向こう叫んでた
それはどこかのことだよと 目を伏せたくもなるけれど
たとえばそれは君だった 誰かは僕の事だった
そんな風に受け止めれば 世界は小さな 水たまりさ

過去ブログ ウガンダ関連

2012年7月5日記事「所変われば 味覚も変わる」
http://kazitabonita.blog133.fc2.com/blog-date-20120705.html

2012年7月10日記事「何を感じ どう伝えていくか」
http://kazitabonita.blog133.fc2.com/blog-date-201207-3.html

アフリカ

0 TrackBacks
1 Comments