和室

ようこそ 我が家へ!

フランス友達、フロとマックスの日本旅。
やってきました。岡山県・新見市!うちの実家へ遊びにきてくれました。
初日は、大名行列お祭り(中止になったけど)にいったり、農協の市場で新見市A級グルメを食べたり、夕食でワイワイ。
夕食後は、お隣のご近所さんちでカラオケをしたり。

なんだかんだいって、一番喜んでいたのは、おばあちゃん!!!
感激の涙も流して、思わず私もウルウル・・。
すごいなぁ。フランス語なんて使わなくても、心が通じるんだなぁ・・・・。
少し写真を紹介します。

171016 bienvenue chez moi-1


171015 bienvenue chez moi-9


171016 bienvenue chez moi-10


171015 bienvenue chez moi-11



171015 bienvenue chez moi-12



ようこそ日本へ

0 TrackBacks
0 Comments

日本へようこそ!

今回のフランス滞在中、トゥールーズでお世話になった友達フローラン。
フローランの友達マックス。二人が日本旅行中。先週は、京都と奈良観光を楽しみました。

うちの実家、岡山県新見市に週末来てくれる予定。楽しみです。
それから、第二の故郷・東京町田にも行くよー。(予定は未定)

171011 yokoso kyoto

171011 avec Max

171011 kyoto_les trois

171011 Joking_kyoto

171011 Camera_jardin
ようこそ日本へ

0 TrackBacks
0 Comments

スペイン フィゲラス ダリ美術館

フランスのモンペリエからスペイン・バルセロナ方面へ向け、片道2時間。
やってきました!!スペイン・フィゲラス。
ダリ美術館で、ダリのシュールな世界観を一日中堪能してきました!

学生時代の得意科目は美術。教員免許も美術。協力隊員の職種も美術。
今回、大学生ぶりに、たっぷりじっくりと展覧会や美術館、写真展、コンサート、小さなライブへ足を運び、ヨーロッパの美術・音楽を肌全体で吸収してきました。

アフリカも大好きだけど、ヨーロッパの歴史や芸術作品、すごいなぁ・・・・。
圧巻。

【宣伝】
2013年10月31日、新聞社のレポートで福島のおすすめダリ美術館を紹介したので、その記事を載せます。
芸術の秋はダリに決まり!裏磐梯の「諸橋近代美術館」

20841040_10212881376725875_6544937261461880441_n.jpg



和さんのつぶやき

0 TrackBacks
1 Comments

オトナの女性旅 和さん編

先週、久しぶりにNHKテレビフランス語講座を見た。
タイトルは『オトナの女性旅』

女優の常盤貴子さんが、フランスの魅力を紹介しながら、楽しくフランス語基本表現を学ぶ番組。

2017年前半期、最終回の今回は、アルザス地方の五つ星レストランで、素晴らしいフランス料理を紹介してくれた。フランスって素晴らしい。美しい。さすがオトナの女性旅。

しかしまぁ、ああいう場所は私には合わないなぁというのが、所感。
あなたと常盤貴子さんは、同じ国にいっても全くベツモノですよ。といわれたらそれまでですが・・・。

さて。この放送を見ながら、自分自身のフランス旅、レストランを振り返る。
パリについた翌日、8年以来の友人アリスと市街地オペラで待ち合わせ。
カンボジア系パリジェンヌの彼女に、会うや否や「パリで美味しい、ベトナムのフォーが食べられるレストランを教えて」と聞き、パリのベトナムやタイ料理のおいしいレストランリストを入手。

その翌々日。
パリ郊外には、アフリカやアラブ諸国からの移民が住む地域が点在する。そこに住むブルキナ友人マタリアの親戚がコートジの手作りアチャケをご馳走してくれた。この地域は、まるでミニ・アフリカ。親切なセネガル人からレストランを教えてもらって、フランス滞在最終週には、そのミニ・アフリカで大好きなセネガル料理・チャブジェンを食べることもできた。

パリやパリ郊外だけでなく、各地で美味しい中東のファラーフェル(コロッケ)や、モロッコのタジン料理、西アフリカ料理のフトゥを堪能。

そうなのだ。フランスのレストランといっても、NHKフランス語講座で常盤貴子さんが紹介したような五つ星高級レストランばかりではなく、世界各地の多種多様なレストランがある。中東やアフリカにゆかりのある旅行者なら、少しフランス風に洗練された中東・アフリカ料理を、現地と違った美味さで楽しめる。

というわけで、私は、フランスの所謂おフランスな格式高いフランス料理は興味がない。だから、「一番好きなフランス料理はなんですか?」と聞かれても、フランス料理が何かがよくわからず、とりあえず、「チーズです。」と答える始末。(チーズは本当に美味しい!)

あぁ、私が常盤貴子さんのように、オトナの女性旅ができるようになる日は、いつの日やら。

写真は、ブルキナファソ人友達ママドゥ。
フランスで西アフリカ出身の人に会うと心がホッと安心。(笑)
トゥールーズで彼と一緒に、ハムとワインで乾杯。
170718 avec Mamadou
フランス滞在

0 TrackBacks
1 Comments

クレジットカードと現金

カード嫌いな私。
たとえば、航空会社のマイル。会員になって、ポイントとかマイルを貯めることが、好きじゃない。これまでの人生、こんなに海外へ出かけてきたにもかかわらず、一度も航空会社のカードを作ったことがない。
(もちろん、スーパーやデパートの会員カード、ローソンのポンタカードなんて、もってのほか。)

では、VISAやMASTERなどクレジットカードはというと、今から3年前2014年9月、JICA・ジュニア専門員だったころ、セネガル入国前にネットで入国VISA申請をするため、仕方なく、クレジットカードデビュー。一方、それ以来、カードはお蔵入り。ブルキナファソで一度もカードで支払いをしたことがない。

さて、今回、フランス滞在で痛い目にあったのが、クレジットカード。
市内で自転車を借りるのも、電車・長距離バスでの移動、コンサートを事前予約するのも、なんでもかんでもカード。
パリからリヨン移動の際、切符販売機でクレジットカードを使った際、なぜかブロックされてしまった。カード会社に連絡しても、解決策が見つからず、カードはあるのに、機能せず。それ以来、フランス各地にいる友人たちが先に格安チケットを見つけ、ネットで私のチケットを購入し、あとで現金で返金することに。トホホ。
彼らが助けてくれたからよかったものの、もし、これが別のヨーロッパだったら、おわっていただろうな・・・。今の社会、現金よりカードなんだなぁ・・・。

そんな私は、先週、フランスから日本に無事帰国。9月下旬まで岡山県新見市にいます。
いろんな町でお世話になった人たち、友人たちありがとう!!日本にもぜひ遊びにきてね。
写真は、名も知れぬ?サンティアゴ・デ・コンポステーラの巡礼路にある、ちっちゃな町、エスパリオン。

170917 Espalion1

フランス滞在

0 TrackBacks
2 Comments